2006-07-30 21:48:18

映画「ランド・オブ・プレンティ」 ★★★

テーマ:★映画 ら行
角川エンタテインメント
ランド・オブ・プレンティ スペシャル・エディション

映画「ランド・オブ・プレンティ」

アメリカ/ドイツ(2004)


あなたは今、何をしていますか?
あなたは今、誰を愛していますか?
あした、あなたは何をしますか?

伯父さん、あなたに会うため
10年ぶりに故郷、アメリカに帰ってきました


監督:ヴィム・ヴェンダース

出演:ミシェル・ウィリアムズ、ジョン・ディール、ウェンデル・ピアース


 「パリ、テキサス」「ベルリン・天使の詩」のヴィム・ヴェンダース監督が、9.11の後遺症に苦しむアメリカの現状を静かに見つめたヒューマン・ドラマ。アフリカ育ちの少女が、亡くなった母の手紙を届けるために10年ぶりに故郷アメリカの地を踏み、伯父と再会、思いがけず2人でアメリカ横断の旅に出る姿を描く。主演は「ドーソンズ・クリーク」のミシェル・ウィリアムズと「ジュラシック・パーク III」のジョン・ディール。
 アメリカに生まれ、アフリカで育った少女ラナ。彼女はイスラエルのテルアビブ空港からロサンジェルスへと向かい10年ぶりの帰国を果たす。目的は亡き母の手紙を伯父に届けるため。ボランティアをしながら伯父を捜すラナ。一方その頃伯父ポールは、たった一人で自由の国アメリカを守ろうと滑稽なほど真剣に活動を続けていた。ベトナム戦争のトラウマが9.11テロによって呼び覚されてしまったのだ。ある時2人は、ホームレスのイスラム系青年が殺された現場で偶然再会する。青年がテロリストではないかと疑うポールは事件の真相を探るため、そしてラナは遺体を残された兄に届けるため、2人は一緒にアメリカを横断する旅に出る。






アメリカの受けた傷を


とても深刻にだけれどもやさしく抱きしめた作品



もちろん9.11の背景を知っているのと知らないのとでは作品の奥行きが変わるが


それでも作品としてボリュームはある




家族という


アメリカという国の強さ


世界の人々の想い




グランド・ゼロに引き寄せられる




そして世界中に勇気を与え、


明日への希望を生み出す

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-07-29 22:36:56

映画「地獄の逃避行」 ★★★

テーマ:★映画 た行
ワーナー・ホーム・ビデオ
地獄の逃避行

映画「地獄の逃避行」

アメリカ(1973)


監督:テレンス・マリック

出演:マーティン・シーン、シシー・スペイセク


 後に「天国の日々」を撮り姿を消した伝説の監督テレンス・マリックの記念すべきデビュー作。58年にネブラスカ州で実際に起った連続殺人事件を基に、15歳の少女ホリーと、交際を禁じられたため彼女の父親を殺した25歳のキットとの逃避行を、広大な荒野をバックに描いたカントリー色鮮やかなロード・ムービー。「俺たちに明日はない」を彷彿させるストーリーだが、T・マリックは荒野に広がる抜けるような青い空や、何処までも続くような貨物列車などの映像を印象的に差し込み、アナーキーな題材ながら古き良き時代のアメリカを描き出すことに成功。又、マーティン・シーンやシシー・スペイセクの好演により留まることのない若き暴走が、心地よいくらいの雰囲気で詩的に映し出される。この題材は93年に「マーダー」としても映画化されている。




美しく、ただ美しく


犯罪との対比で青春は燃え上がり


人の悪との対比で自然は確かなものへ




言葉にできない想いが


スクリーンにあふれ出す




それは青春という誰しもがもつほろ苦い体験であり


行き過ぎた行動さえも美しく感じる

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-27 09:14:49

映画「ドニー・ダーコ」 ★★★☆

テーマ:★映画 た行
ポニーキャニオン
ドニー・ダーコ

映画「ドニー・ダーコ」

アメリカ(2001)


《公開時コピー》

死んでいるのか? 生きているのか?

「世界の終りまで、あと28日6時間42分12秒」



監督:リチャード・ケリー

出演:ジェイク・ギレンホール、ジェナ・マローン、メアリー・マクドネル、ドリュー・バリモア、パトリック・スウェイジ、ホームズ・オズボーン


 2001年のサンダンス映画祭で「メメント」「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」とともに話題を呼んだ異色の青春ムービー。これがデビューとなるリチャード・ケリー監督が青春時代の若者の心に潜む闇をユニークな手法で見みごとに映像化。17歳の少年ドニー・ダーコが体験する[28日6時間42分12秒]の奇妙な出来事の連続と増幅する謎の数々、そして衝撃の結末とは? リバース(反転)ムービーと呼ばれ、全米では熱狂的なマニアを生み出した。ドリュー・バリモアが脚本に惚れ込み、出演のみならずプロデュースも担当。
 1988年、アメリカ・マサチューセッツ州ミドルセックス。ある晩、高校生ドニー・ダーコの前に銀色のウサギが現われる。ドニーはウサギに導かれるようにフラフラと家を出ていく。そして、ウサギから世界の終わりを告げられた。あと28日6時間42分12秒。翌朝、ドニーはゴルフ場で目を覚ます。腕には「28.06.42.12」の文字。帰宅してみるとそこには、ジェット機のエンジンが落下していてドニーの部屋を直撃していた。何がなんだか分からないながら九死に一生を得たドニー。その日から彼の周囲では、不可解な出来事が次々と起こり始めた。







ラストはいったいなんなの???と大反響を生んだが


僕の解釈としては・・・




かなしい物語



ただそれに尽きる




青春時代の若い心、そしてこの物語


すべてがうまく融合され


衝撃の結末へとむかう




すべてがなにかのサインであるかのように


主人公になにかを残す



それが真実なのかなのか




主人公は青春時代の思い出とともに


恋や死や出会いや別れ


すべての感情をたくさん心につめて


ラストシ-ンへと導かれる




だからこそあのラストはとてもせつなく


僕たちのにいつまでも残る

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-07-26 10:51:57

映画「呪怨 劇場版」 ★

テーマ:★邦画
ジェネオン エンタテインメント
呪怨 劇場版 デラックス版 (初回限定版)

映画「呪怨 劇場版」

日本(2002)


《公開時コピー》

総毛立つ快感。


監督:清水崇

出演:奥菜恵、伊藤美咲、上原美佐、市川由衣


 ある日、介護ボランティアをする女子大生の仁科理佳は、寝たきりの老婆・徳永幸枝の様子を見るためその家を訪れた。理佳は何か不気味な雰囲気を感じつつも家の中へと入っていく。悪臭が漂い物が散乱する中を進み、一階の薄暗い部屋で幸枝を発見する理佳だったが…。数日前、幸枝の息子・勝也が帰宅すると妻が倒れていた。この家に引っ越して以来、一家は不吉なことに見舞われ続けていた。やがて勝也の妹・仁美が不審に思いこの家にやって来るが、どこか様子のおかしい勝也に門前払いされてしまう。これを機に、仁美にも不吉なことが憑きまとうようになり…。





ぜんぜん怖くない


むしろ笑うしかない(笑)




まず第一に恐怖が伝わってこない



観客を怖がらせようとしていて


物語の主人公恐怖体験がない




わざわざそこあけんでいいやん!!!


っていう意味不明な行動が多すぎる





そして編集


幽霊がみえて、ふりかえる


画面切り替わる


いない・・・



そこで画面切り替えたら恐怖もとぎれてしまうでしょ!!




それの繰り返しの映像ばかりで


もう後半は笑けてしまう





ただあの「声」だけは恐怖として最高でした

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-25 15:24:51

映画「シン・シティ」 ★★★★

テーマ:★映画 さ行
ジェネオン エンタテインメント
シン・シティ スタンダード・エディション

映画「シン・シティ」

アメリカ(2005)


《公開時コピー》

この街では、愛さえも闘い


監督:フランク・ミラー、ロバート・ロドリゲス、クエンティン・タランティーノ

出演:ブルース・ウィリス、ミッキー・ローク、クライヴ・オーウェン、ジェシカ・アルバ、ベニチオ・デル・トロ、ブリタニー・マーフィ、ジョッシュ・ハートネット、イライジャ・ウッド、ロザリオ・ドーソン


 “罪の街=シン・シティ”で繰り広げられる3人の男たちの愛と復讐をハリウッドスター総出演で描いた異色クライム・アクション。原作者のフランク・ミラーが自らメガフォンをとり、ロバート・ロドリゲスと共にモノクロをベースとした斬新な映像でコミックの世界観を忠実に再現。また、クエンティン・タランティーノがスペシャルゲスト監督として参加している。
 <EPISODE 1>――その屈強な肉体と醜い容姿から誰も近づこうとしない仮出所中のマーヴ。彼は、一夜の愛をくれた高級娼婦ゴールディを何者かに殺され、復讐に立ち上がる…。<EPISODE 2>――罪から逃れるため過去を捨てシン・シティに身を潜めるドワイト。ある時、昔の恋人ゲイルが仕切る娼婦街で警察官が殺されるトラブルが起こる。発覚すれば警察との協定は破棄され、娼婦たちは窮地に陥る。彼女たちを救おうと一肌脱ぐドワイトだが…。<EPISODE 3>――街の実力者の息子を相手に正義を貫くハーティガン刑事。しかし、相棒の裏切りに遭い無実の罪で投獄される。8年後、出所した彼はかつて救い出した少女ナンシーに再び危機が迫っていることを知り、最後の戦いへと向かう…。







すさまじい映像革命!!

コミックをそのまま映像化されたとはまさにこのこと




全身に衝撃が走る!!


異様な世界を創造し、みごとなまでの役者の演技がさらに世界を拡げる



世界の創造というよりも


本当にある世界をそのまま撮影したかのよう



非現実的ではあるが

リアル体感がそこにある



3人のオタク監督

現実ではない世界を創り上げ


その世界の中で遊んでいる



無邪気に

ただその世界を心から愛している

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-07-11 15:22:26

映画「猟奇的な彼女」 ★★★★

テーマ:★映画 ら行
アミューズソフトエンタテインメント
猟奇的な彼女

映画「猟奇的な彼女」

韓国(2001)


《公開時コピー》
好きってイタい!?


監督:クァク・ジョエン

出演:チョン・ジヒョン、チャ・テヒョン


 本国韓国で大ヒットし、ドリームワークスがリメイク権を獲得したことでも話題のキュートなラブ・コメディ。インターネットの掲示板に投稿された奇妙な体験談が話題を呼び、後に単行本化されベストセラーとなった物語が原作。主演は本作で一躍韓国期待の若手女優となった「イルマーレ」のチョン・ジヒョン。ちなみに、韓国の若者たちの間では“猟奇的”という言葉が本来の意味と異なり、“個性的”とか“イカす”という意味のサブカル・ワードとして多用されているという。
 性格の優しい大学生のキョヌは夜の地下鉄ホームで美しい“彼女”と出会う。でもその時“彼女”は泥酔状態。酔っぱらい女は嫌いだったが、車中で倒れている“彼女”を放っておけず仕方なく介抱してホテルへ運ぶ。ところがそこに警官がやってきてキョヌは留置場で一晩を過ごすハメに。翌朝、昨夜の記憶のない“彼女”は怒ってキョヌを電話で呼び出した上、詰問するのだった。しかし、これがきっかけで、そのルックスとは裏腹にワイルドでしかも凶暴な“彼女”に振り回される、でもキョヌにとっては楽しい日々が始まるのだったが…。






なんでこんな凶暴な女性なのか???


そこはまったくわからないが、作品としてすばらしい☆




いい作品っていうよりも


愛さずにはいられない作品





なんだか観ていてほのぼのするし


映画の世界にのめりこんでしまう





ただの恋愛映画ではなく


主人公のが丁寧に描かれていて


やさしく包み込んでくれる




ラストのオチ


「よかったね」と、ほほえんでしまうくらい


愛らしい☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-10 18:30:19

映画「トゥルーマン・ショー」 ★★★☆

テーマ:★映画 た行
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
トゥルーマン・ショー

映画「トゥルーマン・ショー」

アメリカ(1998)


《公開時コピー》
DO YOU KNOW ME?
パラマウント映画が今年最高の批評を獲得した作品!


監督:ピーター・ウィアー

出演:ジム・キャリー、ローラ・リニー、エド・ハリス


 典型的なアメリカ市民・トゥルーマン。だが彼の暮らす環境は、どことなく不自然だ。それもそのはず、実は彼の人生は、隠しカメラによってTV番組「トゥルーマン・ショー」として世界中に放送されていたのだ!家族や友人を含めたこれまでの人生が全てフィクションだったと知った彼は、現実の世界への脱出を決意する…。








ラストだけがどうも納得いかない・・・


ラストというかラストショットがなんであそこなのか・・・



それだけ納得いかない




ただ


あとはすばらしい☆




もし、今の生活が全部ウソだったら???


いったい何を信じるだろう???



自分の存在さえも偽り





自分という本当の存在を見つけ


自分の生きる道をみつける




映画の中の観客と同じように


映画をみる観客


トゥルーマンを応援したくなる




こんなにも


主人公と同じ気持ちにさせてくれる作品はすばらしい☆


傑作としかいいようがない

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-07-07 18:43:35

映画「アルマゲドン」 ★★★★

テーマ:★映画 あ行
ジェネオン エンタテインメント
アルマゲドン

映画「アルマゲドン」

アメリカ(1998)


《公開時コピー》
世紀末、全人類にこの映画を捧ぐ。
集結せよ。
地球最後の日、 60億の明日はたった14人に託された。

集結せよ、その日は必ずやってくる。


監督:マイケル・ベイ

出演:ブルース・ウィリス、ベン・アフレック、リヴ・タイラー、ウィル・パットン、スティーヴ・ブシェミ、マイケル・クラーク・ダンカン、ピーター・ストーメア、ウィリアム・フィッシュナー、オーウェン・ウィルソン、ビリー・ボブ・ソーントン


 地球への衝突コースを取る小惑星が発見された。もしも、テキサス州の大きさにも匹敵するその小惑星が地球に激突すれば、人類の破滅は免れない。これを回避する方法はただひとつ、小惑星内部に核爆弾を設置し、内側から破壊するしかない。そしてその任務に選ばれたのは石油採掘のスペシャリストたちだった。刻々と迫る滅亡へのカウントダウンの中、人類の運命を委ねられた14人の男たちは小惑星へと飛び立った!







この作品は最高傑作です!!


これほどまでにエンターテイメント追求した作品は

もう二度と出会うことはできないと思う




いきもつかせぬカメラワーク編集処理


ありきたりなストーリーをこれほどまでに

迫力満点に描くことのできた

マイケル・ベイ監督

本当に心からエンターテイメントを愛している!!!




大迫力の映像と

大スペクタクルロマンスは


一生忘れることはない




ここに20世紀最高傑作は誕生した☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Powered By イーココロ!

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。