ちょこ象のブログ

現在、ダイエット記事を中心に更新しております
くすっと笑える冗談や悪口を書いていきたいと思っております


テーマ:

ちょこ象です。

”うつ”が酷いです。

なので、感情のぶれ幅がおかしいのかもしれませんが、

今週のドラマは、心に痛いものが多くありました。

 

どれから書いても上手く書けるか心配です。

光のお父さん 6話

クライシス 7話

そして

母になる 7話

 

この3つが、今週が良かったドラマともいえるし、

後半に尻上がりに良くなっているドラマです。

 

実はもう一個、尻上がりに良くなっているドラマがあるんですが、

それは後日、なぜなら、そもそもクソドラマなので、

これらと比べてあげるとかわいそうだからです(笑

 

普通、ドラマって、ほぼ、

最初がピークで、後は尻すぼみ。

最終回は、予定調和か、まとめ回っていうのが

定番なんですが。

ごく一部の力有る脚本家は、

後半しり上がりに勢いある物語を書いたり

中盤以降の”ここぞ”というところで、

”渾身の一撃”回を入れたりします。

 

視聴率まで後半引き上げた化け物ドラマが

近年(ちょっと昔ですが)だと

『家政婦のミタ』ですよね

2011年秋クールで初回17.4%を最終回36.4%です。

 

あと、私の好きなドラマ『Mother』

2010年春クール初回11.8%最終回16.3%

 

挙げだすときりがないですが

渾身の一撃回は、依然ブログでも書いた

前クールの、カルテット7話?だったかな

松たか子とクドカンの夫婦渾身の回

この回は横ばいの8.2%だったけど、

この回の盛り上げで、その後3話は視聴率向上したし。

 

********************

 

光のおとうさんは、丁度、物語の山場だったこともあるけど、

クライシスと、母になるは、

「さあ!こっから山場だぞ!!!」って勢い満載の

起承転結の”転”の山場回だったと思います。

 

10話(?)でひとつの大きなキャンバスに見立てて書かれている

”山場”でwあり、”見せ所”がここなんだと。

 

特に、クライシスは、金城一紀は

「一話一話で一区切りつけるドラマは会わない」

「期待していたほど、面白く感じない」

と書いてしまいましたが、

6話までは、あくまで”起承転結”の

”起”と”承”なんだよってことなんだったら

それはそれで、凄いです(笑

 

毎週の視聴率勝負を、前置き回6回置いておくだけで

他のフジテレビ本家ののドラマに勝ってたってことなので……・

いや、他のフジ製作のドラマが酷いのか(笑

 

10話分の長さで、一本分の映画を撮ってる感じですね

金城一紀は……(笑

いやいや、やっぱ、映画撮れよって

でも、映画だと、私は見れないけどね、

お金ないから(笑

 

 

坂元裕二

金城一紀

水橋文美江

そうそうたる、脚本家陣ですね。

 

そりゃテレビ局も、ドラマ作るのに有名脚本家に偏るわけです。

ただ、いくら有名脚本家でも、毎回はあたりドラマは作れんのですけどね。

 

********************

 

クライシスは 鶴瓶 さんとももクロの番組で

宣言していた通り、新木 優子が物語の中心に出てきたのも楽しみです。

 

中間の春クール女優表彰には間に合いませんでしたが

最終表彰には名前が挙がればいいなと思っています。

 

あぁ、うちのブログの

春クールドラマ表彰、と

春クール女優表彰、は、

近々やります(予定は未定)

 

********************

 

最後に、いいねを下さった皆様

普段読みに伺っていたブログの皆様

お返しや訪問は出来ていませんが

 

精神状態が不安定な間は

あんまり他人のブログに伺うと

ろくなことにならない(過去の経験がある)ので

訪問を控えています。

 

気持ちが元気になったら、また伺いますので、

それまで不義理しますが、

ご容赦ください。よろしくお願いします。

 

以上です。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ちょこ象です。
前の更新から期間があいたことはスルーでお願いします。
更新が無かった間にお越しいただいた方や、
いいねを押していただいた方、
お礼のご訪問も出来ず失礼しました。

簡単にだけ説明すると、”うつだったから”です。
全部投げ出して逃げたかったからです。
ご理解いただけると助かります。


今回更新する内容はは、ドラマ関連の話ではありません。

(※結局ドラマの話になりました、訂正します)

 

”うつだったから””全部投げ出した”と書きましたが
見ているドラマも、思い切ってかなり削りました。
放送を待ち遠しく待っていて、
『ティーバなどが更新されたらすぐにでも見たいもの』
に限定して絞りました。
そこから、更に見ていて大して楽しいと感じれないものも
この際思い切って削りました。
おかげで大分削れて楽になりました。


ちょうど春ドラマも中間の時期です。
気分が戻り次第にはなりますが、
「春ドラマ、現時点でのベストドラマとベスト女優」
は、やりたいと思いながら、各ドラマを見ています。


それ以外にも、
日テレドラマ、二つを比較検証
「フランケンvs僕、運命」とかも
頭の中では整理したのですが、文章には出来ていません。
どちらも、現時点ではイマイチ評価です。
「僕、運命」は脚本家が俳優に合わせて書き込みすぎ
「フランケン」は上手な俳優を集めたはいいけど、
俳優の長所などまで無視して、俺の脚本に演技を合わせろ
的になりすぎです。
というような内容を、頭の中では考えています。

 

 

 


せっかく書いたので、もうちょっと書いておくと
「僕、運命」が木村文乃を活かしきれていないのが、
このドラマ、北川景子さんと上野樹里さんに断られて、
上野樹里には直前にドタキャンされたと報道がありましたが
たぶん、脚本が、上野樹里に合わせて書かれていて、
木村文乃にあわせて直されていないのではと思うんです。
だから、あんなに木村文乃にあわない無表情なツンデレに見えるんです。
これを、頭の中で、上野樹里が演じていると脳内変換すると
これがまた、ぴったりのキャラで(笑

今、このドラマで、木村文乃さんは
まずは、上野樹里を演じた上で、
上野樹里が演じる湖月晴子を演じさせられてるんじゃないか
そんな風に思えて、だから、木村文乃が全く活きて来ないんです。

あぁ、ほぼ書ききっちゃいました。

一方フランケンの方は
このドラマ、全くのオリジナルなので、
エコヒイキするとまで宣言しました。

また、俳優陣が
綾野剛
二階堂ふみ
柳楽優弥
川栄李奈
新井浩文
そうそうたる実力派メンバーです。
どんな役にも合わせて演技が出来そうなメンバーです。

そして、そういう面子を集めて、
「じゃあ、自由にオリジナルの話を書くから頑張って演じてね」
ってところが、このドラマがイマイチの理由になっているように思います。

一番の悪評が、二階堂ふみが"棒”演技だという評判と
もうひとつ挙げるとしたら、俳優陣に"華がない”ことです。

 

実力派かつ演技に幅の有る人を集めたがために、
核になる、キムタクや織田裕二のような
何をやってもキムタクはキムタクにしか見えない
何をやっても織田裕二は織田裕二にしか見えない
そういう強烈な主役の個性、いい意味でも悪い意味でも
この人が中心という個性は、
残念ながら、綾野剛にも二階堂ふみにも無いわけで
この人たちの長所は、競演する相手方を活かす上手さ
話の筋を壊さない共演者を邪魔して殺さない上手さ訳で
見も蓋もない言い方をすると、
ヘタでもいいから視線を独占する
今期で言うところの、沢尻エリカや天海祐希がもつような
強烈な華や個性やきらめきは無いわけで

だったら、二階堂ふみは二階堂ふみなりの活かし方もあるのでしょうが
今回は脚本のオリジナル性がウリなわけで
脚本家は"俺の書きたいものを書くんだ!”一直線です。
俳優は、脚本家が書いた自由な設定に役者側があわせにあく必要性があり
で、二階堂ふみは、自分を活かす演技より、話を壊さない演技を
"棒演技”と酷評されながらやってるわけで、
ちょっと可愛そうな使われ方かなって思いながら見ています。

たぶんですが、
綾野剛か、二階堂ふみのどっちかを
ヘタでもいいから強烈な個性タイプの主役を起用すべきだったかなって
そう思わせられた作品になりつつあります。


「僕、運命」は、役者に合わせすぎて脚本書いて失敗した典型例で
「フランケン」は、役者に合わせなさすぎて失敗した典型例かなって
そんなことを考えながら見比べていた
日テレのイマイチにしか評価できない二作品の比較検証でした。


ちょっとだけ説明するつもりが、
文章が完成したので、そのまま表題も
「僕、運命vsフランケン」日テレ二作品の比較検証
としてアップしたいと思います。



本当は、病気の通院と、いよいよお金が払えそうに無い
現状の報告と、いろいろな[便所の落書き]を書きたかったのですが
それは、今後にして、とりあえずここまでをアップします。



たぶん、
[便所の落書き]を書き出すと、
それこそ、メインの訪問者は皆様逃げられると思いますが
自己保身の備忘録の意味もあって
とうぶん屁理屈の内容になると思いますが、
お許しください。

 

要するに、折り返しのまま放置されている、無料低額診療事業の話の続きです。

もうひとつは、絶対にしたくなかった、区役所との話し合いが必要そうな件です。

どっちも、正直勘弁してほしい話です。

 


また、更新されなくなったら、
うつだと思ってください。
なんで、うつなのかは、
これからの更新を呼んでもらえたら理解してもらえるかなって
思っています。
世の中、ろくなことありません。
酷い話ばかりです。


今回は、とりあえず、以上です。









 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ちょこ象です。

 

歯が痛いです。

とりおきしていた、古いロキソニンを継続して飲み続けて誤魔化しています。

薬にも賞味期限(消費機嫌?)はあるはずなので、

古いのよくないでしょうが、歯医者に行くお金などあるはずもなく

ひたすら耐えるしかない、今日この頃です。

 

それでも、ちょっと薬が効いて落ち着いているあいだに

溜めてる分のドラマを見ました。

 

今日のメニューは

・ひよっこ 34話

・3人のパパ 4話

・母になる 5話

・クライシス 5話

・マスカットナイト

以上です。

最後はドラマじゃないんですが(笑

 

********************

 

他のは、こまごま書くと、長くなるので、

母になるだけ、ちょこっと

 

出だしの、藤木直人の境遇。

夫って、父って、あんなもんなんでしょうね。

わかります。

ここで、このタイミングで、この話題にもっていくか。

 

それと、半ばでの、

なうい先輩の台詞のくだり

「大人って整理つけちゃうから」

 

横で黙って我慢して見守ることの出来る大人って

ほんといなですよね。

口を出したくなっちゃう。

整理して、結論付けて、落としどころを決めて

落ち着かせてしまいたくなる。

それって、相手のためじゃなくて、

自分の欲求なんですよね。

 

えぇ、私も、”待てないほう”のタイプです。

 

で、小池栄子は、何で刑務所に入ったんでしょうね。

 

どうなっていくんでしょうね。

 

回を重ねるごとに、前回より楽しみになっていくドラマは貴重です。

力の入り具合が伝わってくる気がします。

気迫を感じます。

 

今後も、最後まで突っ走って頑張っていただきたいです。

 

 

歯が痛いので、以上です。

 

 

歯が痛いときのほうが、

文章が短くなってよいかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。