両国キッズクリニック (墨田区) のブログ

両国キッズクリニックは小児科全般の診療ならびに予防接種・乳児検診を受け付けています.予約も取れます(ホームページからどうぞ).皆さんのよきかかりつけ医になれるようにがんばっています.診療時間の短縮に心がけています.


テーマ:

肺炎球菌ワクチンに関して

前回のブログで13価に変わる話をしましたね。

厚生労働省のホームページでの文章でちょっと注意が必要のことがあったのでここで触れておきます。

標準接種に関して、2ヶ月、4ヶ月、6ヶ月となっていますが、これはアメリカ版の丸写しなので、通常通り、2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月で大丈夫です。

最初の3回に関しては、免疫をしっかりつける時期であり、髄膜炎などで重症化する時期なので、13価がでるまで待つのは止めましょう。一方、追加で接種する12から15ヶ月の時期の接種に関して、厚生労働省が以下のように記載しています。

『※なお、下記の2つの条件を全て満たしている場合については、予防効果を維持出来ることが示されているため、「プレベナー13(沈降13価肺炎球菌結合型ワクチン)」の導入を待つことも選択肢として考えられます。
(1) 平成24年5月1日以降に出生した者
(2) 生後2ヵ月から7ヵ月に至るまでの間に接種を開始し、「プレベナー(沈降7価肺炎球菌結合型ワクチン)」による3回の初回接種を終了している者』

これはどういう意味かというと・・・・

1)12ヶ月から18ヶ月(1歳半)までに一部の方で免疫が低下し、肺炎球菌の髄膜炎や重症感染症に罹患する可能性があるけれど、一部の人なので1歳半まで接種しないで13価まで待つという手がある。(無料で済むけど、リスクが少し高い)

2)本来なら、12から15ヶ月で予定通り、7価を接種して、13価は2ヶ月あけて接種できるので有料で接種してもらう方が安全である。(リスクは少ないがお金がかかる)

という、2つの考え方です。アメリカなどでは追加の13価も5歳ぐらいまで無料で定期になっているのですが、国内では任意となっていますので、どちらにするかはご家族に判断してもらうことになります。って難しいですよね。前者を選択して、髄膜炎にかかってもいやだし、お金がかかるのも・・・家族が選択するのも悩ましいところですよね。








130-0021 東京都墨田区緑1-14-4 両国TYビル3F
小児一般、予防接種、乳児検診の
両国キッズクリニック
TEL
03-5669-8100(代表) 予約電話:03-5625-1489(自動音声案内)
URL
http://www.tyo-heart.jp/r-kids/index.html
医療情報・お知らせ:http://ameblo.jp/tyo-heart-ryogokukids/

墨田区の小児科医です。受診時間の短縮を心がけています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

両国キッズクリニックさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。