両国キッズクリニック (墨田区) のブログ

両国キッズクリニックは小児科全般の診療ならびに予防接種・乳児検診を受け付けています.予約も取れます(ホームページからどうぞ).皆さんのよきかかりつけ医になれるようにがんばっています.診療時間の短縮に心がけています.


テーマ:

【正常化の偏見】 という言葉があります。???正常??偏見??変な言葉ですね


異常な事態に直面していながら、「大したことにはならないに違いない」「自分は大丈夫だろう」と思い込み、危険や脅威を軽視してしまうこと。災害発生時に、避難や初動対応などの遅れの原因となる場合がある。実際に大震災でもあったそうですが、本日から気象庁から、注意報、警報に加えて、特別警報が必要に応じて出されるそうです。本来は警報で驚いて逃げる準備をしたりする必要があるのですが、すっかり対応がおろそかになっていて、特別警報が出たら、ただちに命を守る対策をしないといけないようです。

予防接種でも同じようなことを思いました。病気がはやっていた頃は、近所でも麻疹で死んだ人がいたりしたので、一生懸命予防していましたが、最近すっかり見なくなると、危機感がありません。医師は病気の人を見るので、細菌性髄膜炎の患者さんだけでなく、後遺症の方の診療に当たることもあるので、その重症度を理解していますが、なかなか伝わりませんよね。ロタやB型肝炎などに関しても、伝達がうまくできていないのか、希望しない方もいるようです。子宮頸がんも、政府から接種勧奨控えが出てしまったため、すっかり接種に来る方がいなくなりました。子宮頸がんは年間2500人ぐらいの方が亡くなっていますが、予防接種の副反応は重症であっても頻度はそれほどではないようです。小児科医も子宮頸がんのがん治療をすることがないので、その重症度がうまく伝えられていないのかもしれません。時に患者さんが急に父親や祖父母の方とだけ来られるようになって、聞いてみたら癌でお母さんがなくなっていたということもありました。子宮頸がんは接種の勧奨は控えていますが、接種は可能です。

今年の風疹は少し減ってきたのでなんだか、話題になりにくいですが、これほどまでに伝染し、さらに先天性風疹症候群という予防できるはずの病気を持って生まれてくる子どもが、残念ながら今年で10名を越えています。今年の流行期はもっと多かったので、今後も、苦労を背負って生まれてくる赤ちゃんは増えるでしょう。まだ予防接種をしていない人がたくさんいます。まだ、風疹が安心できる状況では決してありません。「正常化の偏見」をもたず、自分だけは大丈夫ではなく、自分こそは予防するって考えてもらえるといいですね。


130-0021 東京都墨田区緑1-14-4 両国TYビル3F
小児一般、予防接種、乳児検診の
両国キッズクリニック
TEL
03-5669-8100(代表) 予約電話:03-5625-1489(自動音声案内)
URL
http://www.tyo-heart.jp/r-kids/index.html
医療情報・お知らせ:http://ameblo.jp/tyo-heart-ryogokukids/

墨田区の小児科医です。受診時間の短縮を心がけています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

両国キッズクリニックさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。