両国キッズクリニック (墨田区) のブログ

両国キッズクリニックは小児科全般の診療ならびに予防接種・乳児検診を受け付けています.予約も取れます(ホームページからどうぞ).皆さんのよきかかりつけ医になれるようにがんばっています.診療時間の短縮に心がけています.


テーマ:

この4月から、化膿性髄膜炎を予防するために肺炎球菌とヒブワクチンが定期接種化されました。また、子宮頸がんワクチンの予防のためヒトパピローマウィルスに対するワクチンも定期接種化されましたね。

ワクチンを希望者が無料で受けられることは大変ありがたいことです。

日本小児科学会の予防接種のスケジュール表も新しくなりました。変更点は肺炎球菌、ヒブワクチン、子宮頸がんワクチンが定期接種化されたこと。BCG接種が標準接種期間が生後5から8ヶ月になり、半年までに受けることされていたものが 1歳までに延長されました。もう1点は麻疹・風疹ワクチンの2回目の接種をフォローしてた3,4期が中止になったことです。今年は風疹がまだ治まる様子がありません。接種からもれてしまった場合には費用の負担が発生しますが、接種は必要かもしれませんね。成人女性や男性にも無料化の道が開いていますから、保健所や役所に相談してみましょう。


ところで、本日の話題は

男性と女性ではものの見え方が違うのだそうです。えっ。びっくりしますよね。



最新の研究によると、女性は色の違いを見分けることに優れ、男性は素早く動く物体を目で追ったり、遠くの細かいものを見分けたりすることが得意なのだそうです。人類が狩猟採集生活を送っていた過去からの進化的歴史が関係しているそうですよ。なるほど!

色に関するテストでは、同じ色だと答えた色調に男女で違いがあったそうです。果物のオレンジは、男性には女性より少し赤く見えている可能性があるし、緑の草は、女性のほうがより緑色に見え、男性には少し黄色がかって見えているとか。ちょっと不思議ですね。色のスペクトルの中央にある青、緑、黄色を識別する能力は男性は女性に劣っているそうです。女性の方が、色の敏感なのでしょうか。男性のほうが優れていたのは、細部の素早い変化を遠くからとらえる能力だそうです。確かに狩猟には必要な能力ですね。点滅する光の列の、幅がより狭く、点滅の速度がより速いものを見分ける能力に優れていた。レーサーが男性が多いのはこういう能力の差があるからかもしれませんね。
脳の視覚野の神経発達が男性ホルモンによって促進されるためだと研究者は考えているようです。男性ホルモンの代表であるテストステロンが豊富だと脳の視覚野の神経細胞が、女性より25%多いのだそうです。

最近は男女の能力の差も無くなってきますが、ホルモンの差はあるでしょうから、この能力の差をうまく使って仕事分担するとよいのでしょうね。



130-0021 東京都墨田区緑1-14-4 両国TYビル3F
小児一般、予防接種、乳児検診の
両国キッズクリニック
TEL
03-5669-8100(代表) 予約電話:03-5625-1489(自動音声案内)
URL
http://www.tyo-heart.jp/r-kids/index.html
医療情報・お知らせ:http://ameblo.jp/tyo-heart-ryogokukids/

墨田区の小児科医です。受診時間の短縮を心がけています。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

両国キッズクリニックさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。