4月後半になり、寒暖差はありますが、暖かくなり、ツヅジも咲き始めましたね。


さて、ニュースでも取り上げられていますが、「麻疹(ましん、俗にはしか)」が流行しています。416日現在で2014年の患者数は274例で、昨年1年間の感染数(232)を超えました。今回の流行の特徴は、0歳から15歳までの小児が約半数を占め、特にワクチン未接種の子供たちが多いことです。1歳以降の子供たちは麻疹・風疹ワクチン(MRワクチン)の接種が可能ですが、定期接種対象外の0歳児の子供たちをいかに守るかが、問題です。そこで、安全性や効果がまだ十分評価されていませんが、麻疹流行時に緊急避難的な処置として、0歳児(一般的には、胎児期に移行したお母さんの免疫がなくなる、生後6か月から11か月)を対象に、麻疹ワクチン(MRワクチンではありません)の任意接種(有料)が可能です。また、麻疹ウィルス暴露後3日以内であれば、ワクチン接種により麻疹の発症を予防あるいは、重症化を防ぐことができますので、暴露した可能性がある場合も接種をお勧めします。


当クリニックでは生後6か月から11か月児、特に、保育園などで集団生活を行っている子供たちへの麻疹ワクチン接種が可能です。ぜひ、ご検討ください。

新年度が始まり、保育園や幼稚園、小学校へ行き始めた子どもたち、仕事復帰をされたママさんたち、新生活に慣れるまで大変かと思いますが、ご一緒に乗り越えていきましょう。


麻疹発生状況の詳細に関しては、以下のホームページを参照ください。

http://www0.nih.go.jp/niid/idsc/idwr/diseases/measles/measles2014/meas14-15.pdf



AD

花粉が飛びはじめました!

テーマ:

ジャンプやフィギュアスケート等で感動をくれたソチオリンピックが閉幕しましたが、2月は2週連続で記録的な大雪で、通勤、通園、通学、買い物等、大変でしたね。大人たちが頑張って雪かきをしている一方、子供たちは雪遊びができて、楽しそうでしたね。


さて、寒い冬ですが、225日ごろから数日間、気温が上がり、花粉が飛びはじめております。クリニックに来られている患者さんの中でも、症状がすでに出始めている方もいらっしゃいます。私の指導医であった耳鼻咽喉科のおじいさん先生は、「花粉が飛びはじめるのはバレンタインデーからだよ」と得意げに教えて下さいました。今シーズンは関東では3月上旬には花粉がピークに達すると予想されています。花粉症は症状がでる、又はひどくなる前から、抗アレルギー剤の内服をしておくことで、症状が緩和されるので予防が大切です。また、抗アレルギー剤は数種類ありますが、どれが効いて、どれが眠気などの副作用が少ないかは、個人差がありますので、処方・内服してお終いではなく、個人個人でどの薬が最もよいかをちゃんと見極める必要があります。当クリニックでは花粉症の治療も行っておりますので、困っている方はご遠慮なくご相談ください。


温かい日と寒い日との気温差が激しくなるこの時期、体調を崩しやすいので、子育て中のママ、パパたちも体調管理に気を付けて下さいね。春はもう少しです。


AD

インフルエンザが急増中!

テーマ:

新年を迎え、早くも1か月が経ちますね。寒さも一段と増し、自転車通勤にネックウォーマー、イヤーマフ、手袋が欠かせない日々です。


さて、ニュースではノロウィルスによる集団感染が話題となっておりますが、当クリニックでは、1月22日ごろよりインフルエンザの患者さんが急増しています。今のところは、インフルエンザのA型とB型ともに流行っています。典型的な症状は発熱、咽頭痛、咳、鼻水、関節痛、頭痛などの上気道炎の症状です。しかしながら、嘔気や腹痛、下痢などの胃腸炎様の症状で発症するインフルエンザもあるため、発熱が24時間以上続く場合は、インフルエンザの検査を受けた方がよいでしょう。また、ご存知かもしれませんが、インフルエンザの検査は38度以上の発熱がでてから1224時間以降で正確にできるため、発熱早期では検査しても、インフルエンザなのに“陰性”となることがあるため、検査のタイミングを見極める必要があります。


この前の診察で、インフルエンザに罹った子供達を看病していたママに、「ママは大丈夫ですか?」と尋ねたところ、「マスクに、手洗いに、使うものを徹底的に別々にして、大丈夫でした!」と仰っていました。もらってしまうことも多々あるかと思いますが、すばらしい感染予防の姿勢ですね。


では、今年もよろしくお願いいたします。


AD
 12月に入り、だいぶ寒くなりましたね。
 今月16日に文部科学省から公立小中高の児童生徒を対象とした全国調査の結果発表がありました。食物アレルギーがある児童は約20人中1人で、呼吸困難や腹痛、じんましんなどの「アナフィラキシー」を起こした経験がある児童は約200人中1人でした。どちらも9年前の調査と比べ、増加しています。
 食物アレルギーに注目が集まる中、葛飾区から依頼され、先月末に葛飾区児童館・学童保育クラブの職員の方々に「食物アレルギーとエピペンの使い方」について講習会を行ってきました。講習会に先立ち、葛飾区で食物アレルギーに対するマニュアル作成などの対応に関するアンケート調査を行いましたが、保育園・幼稚園では対応が進んでいるものの、小学校に関しては対応が遅れていることが分かりました。具体的には、文部省が提示している「学校生活管理指導表(アレルギー疾患用)」を使用していないことやアナフィラキシーが起きた時用の緊急時対応マニュアルがないこと等です。当クリニックではエピペンの指導・処方も可能ですので、食物アレルギーがご心配な方や食事制限しているけど食べれるかどうか知りたい方など、ご遠慮なくご相談ください。

 さて、11月下旬より胃腸炎が流行していますが、先週に葛飾区のある小学校の多数の児童がインフルエンザ(B型)に罹患しています。年末、年始にかけ、人の移動が多くなり、さらに流行してきますので、ワクチンでの予防をしつつ、手洗い、うがい、マスクでの予防に心がけましょう。

お肌のカサカサに潤いを

テーマ:

先月は臨時休診で大変ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。


この前、葛飾区総合スポーツセンターで行われた奥戸地区ロードレース大会に医療班の一員として参加して来ました。クリニックでの診療だけでなく、このような形で奥戸地域の子供たちへの貢献ができ、嬉しく思います。ママやパパも頑張っていましたね。



さて、今月は「乾燥肌」についてです。数多くの台風がきた10月が終わったと思ったら、11月に入って急に寒くなり、湿度もぐっと下がりましたね。1か月前には気温が30度の日もあったことを考えると急激ですね。この寒さと乾燥でお肌がカサカサになっているお子さんが沢山いらっしゃいます。赤ちゃんのお肌はぷるんぷるんのイメージをお持ちかもしれませんが、大人と比べ、①肌が薄く、水分が逃げやすく、③皮脂量が少ないため、乾燥しやすいです。特に、頬や肘、膝は皮膚が薄いため乾燥がひどくなりやすいです。対策は①お風呂につかる時間は5分以内程度で短めに、②入浴後、保湿をすぐに、③衣類は木綿製を使用しましょう。



保湿剤のお薬もありますので、乾燥肌の方は受診時にご相談下さい。また、葛飾でもインフルエンザが出始めていますので、ワクチンは遅くても今月中には打ち始めましょう。