BCG接種は大切です

テーマ:
2月も終わり、梅が咲き、寒い日と暖かい日を繰り返すようになりましたね。久しぶりの医療情報で、申し訳ありません。

ホームページでもアナウンスしておりますが、葛飾区では平成27年4月1日からBCG接種が今までの集団接種からクリニックなどでの個別接種になります。BCGは昔から3,4か月健診時に接種しておりましたが、平成25年4月から肺炎球菌・ヒブワクチンが定期接種となり、BCG接種推奨時期が生後5カ月から8ヶ月に変わりました。3,4か月時に集団接種ですと、他のワクチンとスケジュールがぶつかり、調整が必要でしたが、これからは無理なく、標準的なワクチンスケジュールがたてれるようになりました。その反面、集団接種で98%だった高い接種率が個別接種になることで下がる懸念があります。葛飾区は東京都の中でも結核にかかる率が高いため、BCG接種が重要です(罹患率:平成25年、10万人に対して、全国16.1、東京都20.1、葛飾区26.8人)。

結核からこどもたちを守るため、また、接種率を下げないために、当院では4月1日からBCG接種を行います。ただし、BCGは他のワクチンとは性質が異なる為、専用枠を設けてさせて頂きます。是非とも接種するようにお願い致します。
AD