RSウィルスが流行中

テーマ:
9月も終わり、朝や夜はだいぶ涼しくなりましたね。保育園・幼稚園、学校では運動会や修学旅行などイベントが行われているところも多いですね。

ニュースでも放送されていましたが、いま、RSウィルス感染症が流行しております(http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/rs-virus/rs-virus/)。RSウィルスに感染すると、鼻水、咳、発熱、時には、喘鳴(ぜーぜー、ひゅーひゅー)といった症状を認めますが、ひらたく言うと、“かぜ”症状のことが多いです。ただ、0歳児や喘息持ちのお子様の場合は喘息発作に似た症状がでて、重症化することがあるため、要注意です。鼻汁からRSウィルスの検査ができますが、検査の適応は主には乳児(0才)ですので、インフルエンザ検査のようにどの年齢の子でも検査できるものではありません。なので、ほとんどの場合は症状から判断する場合が多いです。また、この9月、10月という時期は気温と湿度が下がり、台風など天候不順が続き、喘息の発作が起きやすいので、夕方から朝方にかけての咳や運動している時に咳き込みがある場合は受診をして下さい。

では、10月からインフルエンザワクチンの接種が始まりますが、ママ、パパもできる限り予防接種(奥戸ハートクリニックで接種しています)を受けて、感染予防に努めてくださいね。
AD
本年(平成26年度)も10月1日(水)より季節性インフルエンザワクチンの接種を行います。
おくどキッズクリニックでは例年通りワクチンの不足のないように接種を承っております。

【6ヶ月以上~12歳以下】
1回のみ/2,300円(税込)
2回セット/3,400円(税込)
初回接種日に受付にて1回接種のみ2回セット料金の接種か必ずお伝え下さい。
※1回料金接種後にセット料金への変更は行っておりません
※2回セット料金で接種される方は2回分の3,400円1回目の接種時に
必ずお支払い
下さい。その際に2回目の接種チケットをお渡しします。
※2回目の接種のご案内、ご連絡を当院からは致しません。チケットをご持参の上、
2月末までに必ず2回目を接種しに来て下さい。
未接種でのご返金は致しません
セット料金のご案内は1月末までとさせて頂きます。
※チケット紛失時の再発行は致しかねます。ご了承下さい。
母子手帳を必ずお持ち下さい。


【13歳以上(中学3年生まで)】
1回/3,000円(税込)
※13歳以上でも、医師が必要と判断した場合は2回接種


医療法人社団 東京ハート会
おくどキッズクリニック
AD

8月下旬ごろから気温が下がり、過ごしやすくなりましたね。


さて、今回は水痘ワクチンについて説明したいと思います。厚生労働省で、水痘、おたふく、B型肝炎、ロタのワクチンを定期接種にするかどうか検討されていましたが、平成26年10月1日から水痘ワクチンが定期接種になることが決まりました。


対象者は1~2歳(生後12ヶ月から生後36ヶ月に至るまでの間にある者)で、3ヶ月以上あけて2回接種します。平成26年度(平成27年3月まで)は3~4歳(生後36ヶ月から生後60ヶ月に至るまでの間にある者)も、過去に一度も水痘ワクチンを接種していないお子さんに限り、1回接種ができます。ただし、水痘にすでにかかったお子さんは免疫がついているため、接種する必要はありません。10月からインフルエンザワクチンも始まり、水痘と同時接種も可能ですので、是非、ご検討下さい。水痘の接種票は9月末ごろに区から個別送付されるようです。


季節が移り変わるこの時期、体調を崩しやすく、しつこい咳やゼーゼ―など喘息発作やがでやすい時期でもあります。ママ、パパ達もお身体に気をつけて下さいね。

AD