熱中症に気をつけましょう

テーマ:

今日は七夕ですね。いろいろな願いが込められた短冊が飾られている竹笹を保育園やデパートなどで見かけると、夏の始まりを感じます。


さて、梅雨明けして、猛暑の日々が到来しましたね。今月は脱水になりやすい子供の水分管理に関してお話します。体重に対する水分率は成人では60%ですが、乳幼児では7080%です。つまり、10㎏の子でしたら、約7㎏は水分ということです。さらに、子供では汗など皮膚から奪われる水分が成人と比べて多めです。そのため、体重に対する1日の必要な水分量は乳児では100120ml/kg、幼児では80100ml/kg、学童では6080ml/kgです。具体的には、1日で少なくとも必要な水分量(食事での摂取も含め)10㎏の乳児なら1000ml、15kgの幼児なら1200ml30kgの学童なら1800mlです。


乳児でしたら、母乳やミルクでの水分補給ですが、幼児や学童でしたら、単なる水や麦茶よりは糖分と塩分が含まれた、いわゆる経口補水液で水分補給するのがよいです。OS-1(オーエスワン)やアクアライとなど市販のものもありますが、自宅でも作れます。代表的なレシピは水分500mlに対して、砂糖20g(大さじ約2)、塩1.5g(小さじ約1/2)です。特に、公園やグラウンド、海水浴などに行く時や発熱・嘔吐・下痢などで水分が減る時に使用してみて下さい。

暑い日々が続きますが、水分をしっかりとって、頑張って乗り越えましょう。また、手足口病が大流行していますので、手足に何かブツブツができている方や、汗疹(あせも)・虫刺されなどで悩まれている方、お薬がありますので、受診しましょう。

AD