花粉症対策について

テーマ:

 インフルエンザが現状下火の中、花粉の季節が到来しています。花粉メールというものに登録してみたのですが、既に届けられるメールをみると、「やや多い」、「非常に多い」といった文字が並んでいます。では花粉症にはどんな対策をしたらよいのでしょうか。

 症状に応じて薬を飲んだり、点鼻を使用したりすることは勿論ですが、他にも出来ることは有ります。ポイントをまとめてみましたので参考になればと思います。

外出する時

まずなるべく花粉を体に寄せ付けないこと。当たり前ですが、マスクやメガネの着用でずいぶん症状が違うようです。花粉症用の、ゴーグルタイプの眼鏡も販売されていますね。ただし、こういったタイプのメガネは、お子さんの場合、遊んでいてぶつかってしまった際など怪我の原因になるとことがあるようでニュースにもなっています。顔に密着しやすい分、難しいですね。使用には十分な注意が必要そうです。

それから、衣類への付着も、素材を選ぶことでずいぶん違うようです。ウールやフリースなどの、のある素材の衣類はどうしても花粉が付着しやすく、落ちにくいようですが、ナイロンなどの素材は表面がつるっとして花粉も付着しにくく、落ちやすいといわれています。ウールも温かいですが、ナイロン素材のダウンも花粉がつきにくくていいですね。

自宅の中で

自宅にはなるべく花粉を持ち込まない工夫が功を奏します。外出から戻られたら、まずは衣類をはたいて、衣類に付着した花粉を落としてから中に入るとずいぶん違うそうです。

晴れた日は気持ちよく外に選択物を干したくなりますが、洗濯物を室内で干すと、室内へ花粉を持ち込むことも防げますし洗濯物に花粉が付かなくてとてもよいです。換気も思いっきり窓を開けて気持ち良くしたいところですが、花粉の季節は花粉が入るのを防ぐために最低限にとどめるのがやはりベターです。入り込んでしまった花粉を取り除くためには、掃除も大切です。花粉が入り込みやすい窓際などはしっかり掃除されるといいですね。空気清浄機の使用も効果があると思います。

せっかく春が近いこの時期、花粉症でのつらい思いが少しでも軽く済みますように。是非試してみてくださいね。

AD

インフルエンザが大分下火になってきた印象ですが、まだ寒さが続いています。体調管理の難しい季節ですが、うがい、手洗いなど是非お願い致します。

ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチンが子宮頸がん予防ワクチンと併せて定期接種化される見通しとなり、定期接種化を待って接種を控える動きが出ているとのニュースが入ってきました。当院でもこれらのワクチンの定期接種化の状況に関するお問い合わせが見られます。

現状では閣議決定がなされるなど、定期接種化の決定まで道のりは順調に進んでいる印象ですが、まだ正式な決定事項といえる情報は入ってきておりません。決定事項として、皆様にお知らせできる情報が入ってまいりましたら随時HPなどでご報告させて頂きますのでしばらくお待ち頂ければと思います。

それまで、接種を見合わせるのが適切かどうか。当院としてはきるだけ積極的に接種をして頂きたいと思っております。ヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンは、セットで乳児期の細菌性髄膜炎を予防する効果があり、せっかくの効果を乳児期に生かすためにも早い時期の接種が効果的です。様々な事情で接種できずにすぎてしまった方にも、もちろん効果は有ります。ヒブ(インフルエンザ桿菌B型)や肺炎球菌はある程度大きくなったお子さんでも気管支炎や肺炎、中耳炎、副鼻腔炎などを引き起こしますし、予防することには大きな意味があります。ですが、これらの細菌が一番悪さをしやすいのは乳児期なんですね。ヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンのの接種率が高い地域では、乳児の細菌による髄膜炎がかなり減少していることが日本国内のデータでも明らかになってきています。

それと同時に、ヒブや肺炎球菌による髄膜炎や、菌血症が起きやすいのは、新年度が始まった4月から5月にかけてという統計も出ています。お子さんたちが新しく集団生活を始める時期にうつしあってしまったり、慣れるまで疲れがたまったりなど、重症化しやすいのかもしれないですね。

ヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンは生後2カ月から接種が可能です。是非早めの接種をご検討ください。

AD

便秘の話

テーマ:

インフルエンザの流行が下火にはなりつつもまだ続いています。私事ですが、先日下の息子の保育園の発表会が無事に終わりました。彼の通う保育園にはもう兄の時代から始まり足かけ9年お世話になっていますが、卒園していく年長さん以外はこの発表会で1年間が締めくくられます。1つ区切りがついた気持ちです。少しずつ新しい年度が近づいてきていますね。ワクワクしながら新しい生活への準備をされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

さて、新生活とはあまり関係ないのですが、当院に意外といらっしゃるのが便秘の患者さんだったりします。便秘ってどうしておきるのでしょうか?食物繊維が足りない?水分が足りない?生活のリズムは?ストレスのせいかしら?などと意外といろんなことを考えてしまいます。

昨年の夏は、とっても暑かったため、水分不足が原因かな?と感じさせるような赤ちゃんの便秘がみられました、確かに水分摂取も大切なんですね。その他に見られるのが、トイレトレーニングの時期の便秘。それまでオムツにしていたのが、急におまるやトイレになって、戸惑ってしまうケース。同じ様に、実は入園や入学に伴って、学校や幼稚園のトイレがイヤ、というケースも実はあったりします。どちらにも共通するのが、ちょっとした生活スタイルの工夫で効果が見られる場合があることなんです。

水分不足のお子さんは、理屈からいえば、水分をしっかりとらせてあげればそれでよいことになります。でも、水分を好んで飲んでくれるお子さんだけとは限りません。お母さんたちはあの手この手で飲ませようとしているのだけど・・・。こんな時はあせらずに、様子を見てあげてもいいのかもしれません。もしかしたら、いったん無理しないで落ち着いて様子を見ることで、ヒントが見つかるかも知れないですよね。あるいは、何かお子さんが気にいった飲み物で、過剰にならない範囲でたっぷりあげてみるのもいいと思います。あるいは身近にいつでもお子さんが自分で水分をとれるようにお子さんの使いやすい道具で水分を用意をしておくのもいいですね。

入学や入園に伴うケースは、新生活の中で、お友達に何か言われたことが原因だったり、和式のトイレに戸惑ったりという理由でトイレを我慢してしまううちに、硬くなって便秘に、なんてことも実はみられます。こちらに対応するには、私はキーワードは「大丈夫!」だと思っています。事前にできることとしては、通う先のトイレが和式であれば、外出先で(今時御自宅に和式トイレってないんですよね・・・)和式トイレにチャレンジしてみて、「大丈夫!和式トイレだって怖くないよ」というメッセージを伝えてあげること。自宅で排便のリズムを作って、「これで大丈夫!気持ちよく幼稚園(学校)に行けるね!」というメッセージを伝えてあげること。そんなことでもずいぶん違います。

ちょっとしたことですが、そんなことで新しい生活が気持ちよくスタートで来たら、素敵ですね。勿論ちょっとくらいつまずいたって大丈夫!トイレがイヤだったり何か言われて悲しくなって便秘したって大丈夫!いつまでもトイレがイヤで排便が出来ないお子さんはいないですし、誰でも排便はします!気にしないで幼稚園、保育園や学校でたのしいことをたくさんして気持ちを切り替えていきましょうね。

AD

まだまだ寒い中、暦の上では春が訪れています。子供達のリクエストで、今年の節分は恵方巻きを作って、家族でほおばってすごしましたが、願い事は叶うでしょうか・・・。

さて、インフルエンザの流行る中、きっと世の中はどこもかしこも1年の総まとめなのではないでしょうか。ということは、新しい年度が始まる4月が近づいているということ。そろそろ準備を始めている方も多いのではないでしょうか。入学、入園前のワクチンも準備の1つ。是非受けそびれのない様チェックしてあげてください。

1歳前の入園であれば、特に病気をうつしたりうつされたりも多くなります。体調を崩す前に、定期接種の4種混合(3種混合+ポリオ)に加えて、肺炎球菌ワクチン、ヒブワクチンの初回接種をすませておくことをお勧めします。肺炎球菌ワクチン、ヒブワクチンは、現在定期接種では有りませんが、1/29現在定期接種化が閣議決定されていて、国会に定期接種化の法案が提出される予定(まだあくまでも予定です)になっているようです。確定情報はまた随時ブログにアップさせて頂きますのでご確認ください。生後間もなくであれば、ロタウイルスワクチンも対象になるかもしれません。また、B型肝炎ワクチンも、任意ですが、最近では、血液などを介した感染だけでなく、気がつかずにB型肝炎に感染しているケースもあるため、当院でもお勧めしています。B型肝炎ワクチンは年齢に関係なく接種開始が可能です。大きいお子さんもお気軽にご相談ください。

1歳過ぎてからの保育園入園であれば、事前に接種するワクチンの幅もまた広がってきます。1歳を過ぎると、MR(麻疹風疹混合)ワクチン、おたふくかぜワクチン、水痘ワクチンが接種可能になります。1歳過ぎは、乳児期からのワクチンの追加接種にこれらの生ワクチンと、地味にスケジュールが複雑になりがちです。入園前にスケジュールを整理されて、入園前に接種をすませると安心ですね。

3歳過ぎの幼稚園入園であれば、入園前に日本脳炎も済ませておくことをお勧めします。昨年10月に大きなニュースも有りましたが、ワクチン自体のせいではない事が厚生労働省の調査で結論付けられています。

小学校入学前の年長さんはMR(麻疹風疹混合)ワクチンの二期の期限が迫っています。まだの方は3月末までに済ませてあげてくださいね。

中高生のお姉さんたちは、子宮頸がん予防ワクチンの助成が行われる機嫌が迫っています。3回目の接種がまだの方は、3月末までに、ぜひ接種を済ませてくださいね。

インフルエンザが流行中です、この季節、うがい、手洗いなどでがんばって乗り切りましょうね。さて、そんな中でもそろそろ気をつけなければいけなくなってきたのが花粉症です。

花粉症は、スギなどの花粉にアレルギー反応を起こして鼻水やくしゃみ、鼻づまり、目のかゆみなどを引き起こします。そろそろインフルエンザの患者さんに交じって、そろそろゲショゲショ始まって・・・なんておっしゃるお母さまがいらっしゃいます。

原因になる花粉は当然スギが一番有名ですが、他にはヒノキや秋に花粉が飛ぶブタクサなども有ります。症状は花粉の飛散している量に影響されるので、よくなったり悪くなったり、症状をとらえにくかったりもするかもしれません。

軽いものであれば、抗アレルギー剤と呼ばれる飲み薬で治療が可能ですし、飲み薬だけで症状がおさまりきらないようであれば、点鼻薬や、点眼薬を使用します。

でもまだ花粉の飛散している量もそんなに多くないと聞くkでお今から治療?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。実は、アレルギーの飲み薬は、たいてい効果が出てくるのに2週間くらいはかかります。ですので、花粉が飛び始める前に薬を始めることになります。前述の「そろそろ・・・」とおっしゃるお母さまのお子さんは、多くが重症型で花粉が少なくても鋭敏に反応してしまうタイプ。花粉が増える前に、早めにお薬を始めることになります。

この時期何となく鼻水が抜けきらなかったりくしゃみがなくならないお子さんは一度ご相談頂いて、必要であればアレルギーの検査を受けて見てはどうでしょう?症状の解決の糸口が見つかるかもしれませんね。