新しい生活が始まる前にワクチンをとお考えの方も多いと思います。複数のワクチンの接種をスムーズにすませることができることもあり、小児科学会でも同時接種のメリットを認めています。そこで、最近当院でお勧めしている、同時接種を活用したスケジュールの組み方を御紹介します。

同時接種を時期に応じて組み合わせて積極的に活用すると、お母さま方が予防接種の為にクリニックに通われる負担も軽くなります。

生後2か月になったら。。。

ロタウイルスワクチン1回目

Hibワクチン1回目

肺炎球菌ワクチン1回目

B型肝炎ウィルスワクチン1回目 を同時接種します。

4週間後

ロタウイルスワクチン2回目

Hibワクチン2回目

肺炎球菌ワクチン2回目

B型肝炎ウィルスワクチン2回目

3種混合ワクチン1回目 を同時接種します。

4週間後

Hibワクチン3回目

肺炎球菌ワクチン3回目

3種混合ワクチン2回目

BCGが葛飾区では4カ月検診時に接種になります(3カ月になる月の月末に連絡が来ます)ので、BCGの予定を見ながらその後の接種の予定を調整します。

以前になるべく同時接種を避けた形でのスケジュールをブログに載せましたが、同時接種を積極的に活用するのであれば、3種ないし4種時期に応じて組み合わせるのが最も効果的です。どうぞご相談ください。

AD

任意の予防接種に関して

テーマ:

少しずつ外に出ても空気が変わってきて、過ごしやすくなってきました。卒業式、卒園式のシーズンも終わり、ひと時ホッとされている時期でしょうか。インフルエンザも大分減ってきてはいますが、まだ患者さんがみられます。発熱を伴わない咳、鼻水の風邪も増えてきています。みなさんお気を付け下さいね。

さて、本題の任意の予防接種に関してです。

診察室で何人かの患者様にはお話をしたのですが、おたふくかぜのワクチンと、みずぼうそうのワクチンに関して、来年度(といってももうすぐ、4月からですが)から葛飾区では両方のワクチンに対して助成されることが決まりそうです。(決定事項とはまだ言えないそうなのでこんな言い方で申しわけありません)

但し、これが、、、今年度1歳になるお子さんからの適応でした。一部の患者様には4月から、とお話したのですが、どうやら既に問診票の配られている既に1歳になったお子さんは対象にならないようです。期待させてしまったお母さま、申しわけございません。

おたふくかぜのワクチンも、みずぼうそうのワクチンも、よく「うった方がいいのでしょうか?」という質問を頂きます。任意ですので、あくまでも御家族の考え方になるのですが、個人的にはお勧め致します。おたふくかぜも、みずぼうそうも、予防接種で85%程度は病気になるのを防ぐことができるといわれています。残り15%はかかると言われればその通りなのですが、それでも働く母としては少しでもリスクは減らしたいと思うもの。1週間のお休みなんてなかなか取りづらいのです。我が息子たちも、それでもみずぼうそうはかかりましたが・・・。かかったとしても軽くて済むというのも1つの魅力だと思います。実際息子たちも軽かったですね。水疱瘡の痕がのこったり、とびひになったりするのもあまりうれしいものではないですし、おたふくかぜで腫れあがって食事もままならない様子もみていてつらいものです。

それからロタウイルスワクチン。これもは生後間もなくの赤ちゃんが対象のワクチンです。この接種が始まり、急に同時接種が推進されました。同時接種をしないと、赤ちゃんの時期に必要なワクチンをロタウイルスのワクチンを含めた場合適切な時期に接種することが難しくなってきたこともあり、どんどん同時接種が増えています。ロタウイルス胃腸炎自体は嘔吐や下痢がみられる病気ですが、重症化すると痙攣をおこしたり、脱水になって入院を必要とすることもあります。ワクチンで重症化を防ぐことは可能ですので、是非ご検討ください。

お金がかかることもあり、悩みがちな任意の予防接種、是非検討してみてくださいね。

AD
4月3日より毎週曜日

心臓外来、夜尿外来が始まります。

心臓外来は・・・

・ときどき胸が苦しくなる、息切れがする

・学校の心電図検査で検査するようにいわれたえ

・以前から心疾患があり、近くの病院でフォローしたい

など、心臓に関することならなんでも聞いてください


夜尿外来は・・・

・年長さんになってもまだおねしょをしている

・小学校になってもなおらなかったらどうしよう・・・しょげる

どんな些細なことでも結構ですびつくり byaimo
おかあさんの気になること、一度相談してみてくださいかお


※予約をしてからの診察をお勧めします。

わからないことはスタッフにお声をかけてください。


AD

3月2回目の感染症情報です

テーマ:

3月に入って、少しずつですが、日中は暖かい日が出てきました。少し過ごしやすくなりましたがまだインフルエンザは収まりきっていません。卒業式や卒園式が多い時期、くれぐれもうがい、手洗いをしっかりして頂いて、大切な行事に備えてくださいね。

インフルエンザ

さすがにA型がずいぶん減ってきました。B型はまだ学校によって流行っています。学校や園によって、流行状況もずいぶん違うようです。2月あまり話を聞かなかった学校でここ1-2週間の間にB型が流行りだしたり、なんていう話も聞かれます。クラスで流行りだしたりした場合はやはり要注意ですね。

胃腸炎

胃腸炎は相変わらずやはり流行が続いています。ただ、最近の動向をみていると、吐き気が強くて水分を取るのも難しいような重症な方は減ったような印象です。当院では一部ですが胃腸炎の原因となるウイルスの検査もできますので、ご希望の方は声をおかけくださいね。

溶連菌感染症

減っていますが、時々いらっしゃいます。喉が痛い時などは要注意です。溶連菌感染症の場あり、幼稚園や学校に行けるようになる基準はお薬を飲み始めて24時間たっていることと、熱が下がって体調が整っていることです。腎臓などの合併症を防ぐために、お薬(抗生物質)は10日間しっかり飲んで頂くことになります。かかられた時は10日間頑張って飲みきってくださいね。

みずぼうそう

大流行とは言えませんが、やはりちらちらいらっしゃいます。ワクチンを打ってらっしゃるお子さんだと、分かりにくい場合も多いです。みずぼうそうは、潜伏期間が2週間くらいあります。なので、みずぼうそうをうつされたかな?と思ってから、発症するまでには2週間くらいかかります。家族内でうつされる場合も同じです。お母さんにとっては痛いですが、時間差での発症もありますので、是非頭に入れておいてくださいね。

PTA役員体験記

テーマ:

子育て中は、子どもを介してのお付き合いなどあり、たのしさと煩わしさがありますよね。私自身も今年度は役員をさせて頂いて(上の息子の小学校はPTAで児童1ににつき1回は役員が義務づけられています。なので、なるべく楽な低学年のうちに。)他の役員のお母さまとの交流など楽しませていただきました。

でも、お付き合いが増えると必ず何かしら「んー、どうしようかな」と考えてしまうような場面も出てきますよね。今回クラス役員をしていても、やっぱりありました。役員以外全員必ず当たるお手伝いお願いするのに、どうやっても連絡がつかなかったという経緯のあるお宅への連絡。担任の先生もお手上げとのことでした。

年度末に、クラス替えがあるので先生へのお礼をということで、子ども達にメッセージを書いてもらって、お花と一緒に終業式の日に渡すことになったのですが、メッセージカードと代金を集めました。さすがに連絡がつかないお宅はカードだけは何とか最悪学校ででも書いてもらって、代金は連絡がつかなかったら仕方ないかなと諦めていました。ところが、実際に回収してみると、そのお宅からは早々にカードだけ戻ってきました。そうとう手間取るのではないかと覚悟していたこちらは正直拍子抜け。かなりホッとしました。代金は諦めてたし、連絡するの止めようかなあ、と思っていましたのですが、なんだかそれも失礼な気がして、1回だけ電話して、つながらなければそれでいいやと思って連絡しました。そうしたら何と連絡がついたんです。

なんだかキツネにつままれたような気分でしたが、でも連絡がついて、翌日には代金も息子から受け取ることができました。まあオチはいろいろある(しかも1つじゃあない)のですが、それは言わないお約束。やっぱり連絡して良かったということで。何事も行動してみないと分からないものですね。これで4月からはクラスが変わってしまうけれど、次はどんなクラスになるか、ちょっと楽しみになりました。