改正臓器移植法が7月に全面施行されるのに合わせて警察庁は、運転免許証の様式を変更し、裏面に臓器提供意思表示カード(ドナーカード)と同様の記入欄を設けることになった。7月17日以降の発行や更新から新様式の免許証が交付される。

【免許証詳細】


 新たな様式の免許証は、裏面の備考欄を小さくして空いたスペースに、臓器提供の意思を問う3つの質問項目や、提供したくない臓器の種類に「×」を付けて選択する欄、親族優先提供を希望する際にその旨を記入する特記欄、本人の意思であることを確認する自筆署名欄が設けられる。

 警察庁では1999年に、ドナーカードの記載内容をシールにして免許証の裏面に貼り付ける形での普及啓発を試みたが、シールの存在が十分に知られなかったこともあり、利用は広がらなかったという。今回は様式そのものを変更することで、一律に免許証にドナーカードの内容が記載されることになる。
 警察庁によると、2008年現在で運転免許証を所持している人は約8050万人。更新のサイクルが一巡する15年には、すべて新様式に切り替わる。


【関連記事】
新規の心臓移植実施施設に9病院を審査
夫から妻へ「親族優先」の角膜移植が終了―改正法の一部施行後初
ドナーカードの記入不備・矛盾は「意思表示として無効」―厚労省作業班
臓器提供の意思、約半数が「決まらず・不明」―1000人アンケート結果
改正臓器移植法のガイドライン案を公表―厚労省

<トイレ監禁>次男の体重40キロ未満だった(毎日新聞)
<歴女>おすすめはこの3冊! さよなら、おじさん史観(毎日新聞)
民主代表選 菅氏つかず離れず 小沢氏と連携慎重(毎日新聞)
菅氏が出馬表明=4日に民主代表選-後継選び本格化(時事通信)
<工業団地汚職>幸田町議へ贈賄、2被告認める 名古屋地裁(毎日新聞)
AD