佐賀大学は15日、理工学部1年の男子学生(19)が、所属するラグビー部の送別会で飲酒した後に死亡したと発表した。県警佐賀署が司法解剖して死因を調べているが、同大は「状況から急性アルコール中毒の疑いが高い」としている。同部は活動を自粛する方針。
 同大によると、部員20人とボランティア指導者1人が13日夜、佐賀市内の居酒屋で卒業生の送別会を開き2時間飲酒。男子学生は二次会で気分が悪くなり、ほかの部員のアパートに送られた。14日朝、顔が青白くなっていることに別の部員が気付き、病院に搬送され、死亡が確認された。
 同部顧問の栗原淳文化教育学部教授は「部員らは自主的にビールや日本酒を一気飲みしていた。注意喚起してきたが、指導が不十分だった」と説明。飲酒の強要はなかったとしている。 

<スギヒラタケ>強い毒性、腎機能正常でも 高崎健康福祉大(毎日新聞)
<福島氏>自衛隊は合憲 参院予算委で質問に「そうです」(毎日新聞)
「何も決めてない」=「邦夫新党」対応で-自民・舛添氏(時事通信)
公明 民主との連携、選挙後に視野…山口代表(毎日新聞)
<排ガス>積雪で車内に逆流 男性死亡 岩手(毎日新聞)
AD