直木賞作家で脚本家の星川清司(ほしかわ・せいじ、本名清=きよし=)さんが2008年7月25日に肺炎のため東京都内の病院で死去していたことが9日、分かった。86歳だった。
 星川さんは東京都出身。映画「眠狂四郎」シリーズなどの脚本を書いたほか、小説「小伝抄」で1990年に直木賞を受賞した。
 家族によると、これまで生年を26年と公表してきたが、実は21年で、同賞受賞時は68歳だった。日本文学振興会によると、65歳で受賞した古川薫さんの最年長記録を更新することになるという。 

【関連ニュース】
清水一行さん死去=「動脈列島」など経済小説
西島大氏死去(劇作家)
小出保子さん死去(絵本作家)
翻訳家、作家の柴野拓美氏死去

北アルプス 「乗鞍スカイライン」除雪作業始まる(毎日新聞)
<バス追突>日本人観光客数人けが オーストリア(毎日新聞)
山崎直子飛行士 ISSが日本海上空を通過(毎日新聞)
国会延長想定せず=政府・民主が確認(時事通信)
「和解による解決を」B型肝炎訴訟原告団らが首相に請願書(産経新聞)
AD