フェデラーと武術の達人から学ぶテニス上達の極意-全7回無料メールレッスン





1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2010年06月24日

7月練習会のお知らせ

テーマ:練習会・教材などのお知らせ
おはようございます。柳原です。

先日ログ材が到着し、いよいよ家作りがスタートしました。
初めての体験で、いろいろ混乱することもありますが
めちゃくちゃおもしろいです。

「何月何日までに建てる!」

とがんばって達成する目標を立てたくなりますが、
そうすると僕の場合、目標が最優先になってしまい、
目の前の作業のひとつひとつを楽しめなくなりそうです。
なんとなく先を見つつも、
楽しんで作ることを最優先にして作業していきたいと思います。

人手もたくさん必要なので、
興味ある方は是非手伝いに来てくださいね。

さて本題ですが、7月練習会のお知らせです。
みなさんのご参加をお待ちしていますね。

■日時と内容
①7月4日(日)10時~12時 (Cコート)
<ブロックリターン練習会>

威力のあるリターンを返せると
有利な状態でポイントをスタートすることができます。

ただ難しいのは、いろんなサーブが飛んでくる中で、
確実にジャストミートし、威力を伝えること。

大きくスウィングしていては、
これを実現することはできません。

小さな動きの中で力を集約させ、
威力を伝えていくための技術を覚える必要があります。

またこの技術は普段のストロークにも活かせるでしょう。

どうぞお楽しみに。

②7月17日(土)16時~18時 (Aコート)
<ハイボレー&スマッシュ練習会>

チャンスボールをきちんと決めれるかどうかで、
試合の勝敗が分かれることがよくあります。

せっかく良い攻撃をしても、最後の詰めが甘く、
ポイントを取れないというケース、ありますよね。

ところが、ハイボレーやスマッシュの練習量は、
以外と少ないもの。

たまたまミスしたと思っていても、
実はきちんと決めきるだけの技術が足りていない場合が、
多くあります。

力の入りづらいハイボレーでは、
効率的に威力を伝える方法と、
相手に触らせないコースに打つ方法をお伝えしていきます。

スマッシュでは楽に威力を出せるよう練習しましょう。

■場所
北緑地公園テニスコート (4日はCコート、17日はAコート)

住所:東京都稲城市東長沼2997番地先
最寄り駅:JR南武線稲城長沼駅から徒歩10分
サーフェス:オムニ
駐車場:有

※自動販売機はありませんので、各自飲み物を忘れずご持参ください。
※駐車場が混雑する場合がありますので、お車をご利用の際は少し早めお越しください。

http://www.city.inagi.tokyo.jp/shisetsu/sports/sports/tennis/kitaryokuchi/index.html

■対象者
どのレベルの方でも参加可能です。

「初心者ですが、大丈夫ですか?」

という質問をよく受けますが、
基本的に球出し練習で進めていきますので、
安心してご参加ください。

■料金
1回5000円(テニス上達研究会会員の方は4000円)

※当日の練習会後にお支払いください。
※お申し込み後のキャンセル料は以下のようになります。
ご了承の上、お申し込みください。

お申し込み日~2日前:半額
1日前、当日:全額

■定員
8名

※定員になり次第、締め切らせて頂きます。
※参加人数が少ない場合には以下のように時間を短縮して行いますのでご了承ください。

2人:1時間半
1人:1時間

■雨天時について

雨などで開催が微妙な場合には、開催1時間前にブログ上でお知らせします。
http://blog.goo.ne.jp/tyanahar

その他何かありましたら、僕の携帯までご連絡ください。
090-7419-7148

■お申し込み方法
以下の内容をご記入の上、
dojo_admin@yanaharatennis.com
まだご連絡ください。
(@は半角の@に変えてください。)

①氏名
②メールアドレス
③電話番号

※一度参加されている方はお名前だけで結構です。

それでは、みなさんのご参加をお待ちしてますね。
________________________________________________________________
★DVD教材「フェデラーと武道の達人の共通点から学ぶテニス上達の極意!」
http://yanaharatennis.com/tips.html
(サンプル動画が見れます)
----------------------------------------------------------------
★テニス上達研究会 DVD教材無料プレゼントプラン実施中!
柳原が武道教室など様々なところで学んできた知識を元にしながら、
日々の研究で掴んでいる上達のコツをリアルタイムでお伝えしています。
6月中にご入会された方には、以下の内容をお伝えしています。

①最短距離でスイングし、ラケットの”芯”でジャストミートする方法!
~フォアハンドストローク編~

②相手コートで伸びるボレーを打つための、脚のリズムと軸の使い方!

詳しくはこちらをご覧ください。(↓)
http://yanaharatennis.com/kenkyumem.html
----------------------------------------------------------------
★練習会
①7月4日(日)10時~12時 ブロックリターン練習会
②7月17日(土)16時~18時 ハイボレー&スマッシュ練習会
http://yanaharatennis.com/practice.html
----------------------------------------------------------------
AD
いいね!(7)  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2010年06月21日

スマッシュは、ヒジを高く上げなくていい

テーマ:身体の使い方・打ち方
$柳原敏正の【フェデラーと武術の達人から学ぶテニス上達の極意】 No.1テニス上達道場-18

スマッシュを打つとき、

ラケットをセットして、

その位置から打っていくわけですが、

この時も、ヒジをわざわざ高く上げて行く必要はありません。

一番楽な位置で、ゆっくり振って構わないんですね。



これが、高く構えて、高い位置で振ろうとすると、

すごく、不自然な動きになります。

ヒジを高く上げる必要はないので、

一番楽な位置で、そのまま、

スマッシュしてみてください。



No.1テニス上達道場
師範:柳原敏正


テニスブログランキング


----------------------------------------------------------------
★DVD教材「フェデラーと武道の達人の共通点から学ぶテニス上達の極意!」
http://yanaharatennis.com/tips.html
----------------------------------------------------------------
★テニス上達研究会
http://yanaharatennis.com/kenkyumem.html
----------------------------------------------------------------
★練習会
http://yanaharatennis.com/practice.html
----------------------------------------------------------------
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年06月20日

ヒジを高く上げてはいけない2つの理由

テーマ:身体の使い方・打ち方
$柳原敏正の【フェデラーと武術の達人から学ぶテニス上達の極意】 No.1テニス上達道場-17


最近レッスンをしていて気付いたことなんですが、

スマッシュがうまく打てない人っていうのは、

構えた時に、ヒジを高く上げなきゃいけない、

と思っている人が、結構いるみたいなんですね。



スクールや、その他のところで、

「ロブが上がってきたら、ヒジを高く上げなさい。その状態で、動きなさい。」

というふうに言われることが、あるようなのです。


しかし、ヒジを高く上げてしまうと、

まず、うまく動くことが、難しくなってしまうのですね。

そして、そこから打ちに行くときも、

不自然な動きに、なってしまいます。



スマッシュの時のヒジの位置なんですが、

実はそんなに高く上げている必要はなくて、

というか、むしろ高く上げない、低い位置で、

一番楽な位置に置いとけばいいんですね。



この楽な位置だと、体も自由ですから、

自由にボールを追いかける事が出来ます。

ヒジの位置を高くセットする必要がないということを、

まず覚えてください。



No.1テニス上達道場
師範:柳原敏正

NEW
No.8祝
テニスブログランキング


----------------------------------------------------------------
★DVD教材「フェデラーと武道の達人の共通点から学ぶテニス上達の極意!」
http://yanaharatennis.com/tips.html
----------------------------------------------------------------
★テニス上達研究会
http://yanaharatennis.com/kenkyumem.html
----------------------------------------------------------------
★練習会
http://yanaharatennis.com/practice.html
----------------------------------------------------------------
AD
いいね!(0)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2010年06月19日

プロの映像を観る時の注意点

テーマ:身体の使い方・打ち方
$柳原敏正の【フェデラーと武術の達人から学ぶテニス上達の極意】 No.1テニス上達道場-16


スイングの時、地面を踏むっていう感覚ですけど、

この踏む感覚で、スイングをしたとしても、

打ち終わったときは、力が返ってきて、

体っていうのは、浮いているように、見えると思うんですね。



しかし、僕の感覚の中では、

ボールを打ちにいくときに、

地面を踏んでいってるんですね。



外からパッと見るイメージと、

中で、行われている事っていうのは、

違う場合が、結構あるんですね。



プロの映像を見ても、

外側だけなんとなく見て、

それを真似してしまうと、

実は中身は、全然違うっていう場合が、

かなりあるんですね。



なので、外側の映像を見る事も大事ですが、

その中身が、どういう感覚で、

その運動を行っているのか、

っていうところが、一番大事なんですね。



今のこの動作で言うと、

打ち終わった時に、

力が返ってきて、上がってしまいますが、

そこが大事なのではなくて、

踏んでいく、踏んでいくときに、

その力をもらって、

スイングが上がる。

その後に、伸びてしまっても、いいんですね。



その、踏んだ力で、

ラケットを振り上げるっていう感覚が、大切です。

中の感覚が大切なので、

その点を、覚えておいてください。



No.1テニス上達道場
師範:柳原敏正

NEW
No.9祝
テニスブログランキング


----------------------------------------------------------------
★DVD教材「フェデラーと武道の達人の共通点から学ぶテニス上達の極意!」
http://yanaharatennis.com/tips.html
----------------------------------------------------------------
★テニス上達研究会
http://yanaharatennis.com/kenkyumem.html
----------------------------------------------------------------
★練習会
http://yanaharatennis.com/practice.html
----------------------------------------------------------------
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年06月18日

力が返ってくる感覚

テーマ:身体の使い方・打ち方
$柳原敏正の【フェデラーと武術の達人から学ぶテニス上達の極意】 No.1テニス上達道場-24


踵を踏んだタイミングで、

ラケットはいっぺんに跳ね上がっていきます。

このリズムが狂ってしまうと、

うまく打てません。



この、踏んだタイミングで、上がってくる、

という感覚を、身につけてください。



踏むタイミングがずれてしまうと、

うまく返ってこないの、

最初わからないかもしれません。



力が返ってくるようになるまで、

まずは、素振りでもいいので、

何回も繰り返しやって、

この感覚を、身につけてください。



No.1テニス上達道場
師範:柳原敏正

NEW
No.10祝
テニスブログランキング


----------------------------------------------------------------
★DVD教材「フェデラーと武道の達人の共通点から学ぶテニス上達の極意!」
http://yanaharatennis.com/tips.html
----------------------------------------------------------------
★テニス上達研究会
http://yanaharatennis.com/kenkyumem.html
----------------------------------------------------------------
★練習会
http://yanaharatennis.com/practice.html
----------------------------------------------------------------
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年06月17日

股関節の角度

テーマ:身体の使い方・打ち方
$柳原敏正の【フェデラーと武術の達人から学ぶテニス上達の極意】 No.1テニス上達道場-23

地面を踏む時の注意として、

股関節が曲がらずに、

踵では踏んでいるんですが、

膝が前に出てしまっている状態で、

曲げてしまう人もいます。

そうすると、ももの前の辺がすごく張ってきます。



そうではなくて、膝が出すぎず、

多少前には出ますが、目安としては、

つま先より前に出ないようなイメージで、

そして、お尻を落とします。



そうすると股関節が、

少し前かがみの角度になると思うんですね。

で、これがのけぞるような角度にならないように、

お尻を落とします。。



こうした形で、股関節が曲がるようにやってみてください。



No.1テニス上達道場
師範:柳原敏正

P.S.
No.2まで来ました。ナダルのようにNo.1!
最新ランキングチェックはこちらです。

にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ

訪問ありがとうございました。

________________________________________________________________
★DVD教材「フェデラーと武道の達人の共通点から学ぶテニス上達の極意!」
http://yanaharatennis.com/tips.html
----------------------------------------------------------------
★テニス上達研究会
http://yanaharatennis.com/kenkyumem.html
----------------------------------------------------------------
★練習会
http://yanaharatennis.com/practice.html
----------------------------------------------------------------
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年06月16日

踵・かかと・カカト

テーマ:身体の使い方・打ち方
$柳原敏正の【フェデラーと武術の達人から学ぶテニス上達の極意】 No.1テニス上達道場-21

地面を踏む時の、注意ポイントですが、

まず、前足の使い方ですが、

前足を踏む時にですね、

足の踵ですね、

踵で踏む、っていう感覚が、大事です。



これが、つま先になってしまうと、

力がうまく、返ってこないんですね。

で、体のバランスが完全に崩れてしまって、

ふらふらしてしまいます。



踵から踏んでいくと、

そのまま力が返ってくるのです。

ここはかなり大切なポイントです。



踵で踏んで、そのタイミングで、

腕が跳ね上がる。

これがつま先にならない。

この点を、まず注意して、やってみてください。


No.1テニス上達道場
師範:柳原敏正

P.S.
No.2まで来ました!
最新ランキングは?

にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ

応援ありがとうございます。

________________________________________________________________
★DVD教材「フェデラーと武道の達人の共通点から学ぶテニス上達の極意!」
http://yanaharatennis.com/tips.html
----------------------------------------------------------------
★テニス上達研究会
http://yanaharatennis.com/kenkyumem.html
----------------------------------------------------------------
★練習会
http://yanaharatennis.com/practice.html
----------------------------------------------------------------
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年06月15日

腕の跳ね上がりパワー

テーマ:身体の使い方・打ち方
$柳原敏正の【フェデラーと武術の達人から学ぶテニス上達の極意】 No.1テニス上達道場-20

自分の重心を下げる事で、

逆に、腕が上がっていくんです。

自分の重心を下げて、地面を踏む。

地面を踏むことによって、力が返ってくるのです。

そういった感覚になってくると、

威力のあるトップスピンを打つことができるんです。



ところが、体ごと浮いてしまうと、

一応スピンはかかりますが、威力は死んでしまいます。

そうではなくて、体を浮かせないで、逆に下に行くような感覚。

その感覚でスイングをすると、腕が自然に跳ね上がっていきます。



こうすることで、トップスピンがかかり、

かつ、威力のあるボールが打てるようになるんですね。


No.1テニス上達道場
師範:柳原敏正

P.S.
No.2まで来ました!
最新ランキングは?

にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ

応援ありがとうございます。

________________________________________________________________
★DVD教材「フェデラーと武道の達人の共通点から学ぶテニス上達の極意!」
http://yanaharatennis.com/tips.html
----------------------------------------------------------------
★テニス上達研究会
http://yanaharatennis.com/kenkyumem.html
----------------------------------------------------------------
★練習会
http://yanaharatennis.com/practice.html
----------------------------------------------------------------
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年06月15日

下半身のバネ+上半身のバネ=?

テーマ:身体の使い方・打ち方
$柳原敏正の【フェデラーと武術の達人から学ぶテニス上達の極意】 No.1テニス上達道場

複数のスーパーボールを重ねて落下させると、

ただ一個を地面に落として弾ませるより力が増幅し、

とんでもなく高く弾みます。



テニスでも同じような体験をしたことがあります。

すごく調子の良いときだったんですが、

下半身のバネと上半身のバネがやたらと連動するんです。

下半身のバネは踵(かかと)から股関節、

上半身のバネは肋骨辺り。

この二つのバネが、重ねたスーパーボールのように、

ボンボーンと弾むんです。



弾む力を二つ以上重ねると、

力はとんでもなく増幅するということなんですね。


 → 全文はこちら


~昨日のNo.1テニス上達道場日記より~

No.1テニス上達道場
師範:柳原敏正

P.S.
さっき見たら2位。
No.1まであと少し。
最新ランキングは?

にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ

応援ありがとうございます。

________________________________________________________________
★DVD教材「フェデラーと武道の達人の共通点から学ぶテニス上達の極意!」
http://yanaharatennis.com/tips.html
----------------------------------------------------------------
★テニス上達研究会
http://yanaharatennis.com/kenkyumem.html
----------------------------------------------------------------
★練習会
http://yanaharatennis.com/practice.html
----------------------------------------------------------------
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年06月14日

間違った重心意識

テーマ:身体の使い方・打ち方
$柳原敏正の【フェデラーと武術の達人から学ぶテニス上達の極意】 No.1テニス上達道場-11

トップスピンを打つための肝となるのは、

重心の使い方です。



普通トップスピンを打とうとする時、

下から上に打ちますから、

一緒に体ごと、上げようとしてしまうと思うんですね。



しかし、それは間違いです。

もっと簡単に威力を出す方法があるんです。


No.1テニス上達道場
師範:柳原敏正

P.S.
最新ランキングは?

にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ

応援ありがとうございます。

________________________________________________________________
★DVD教材「フェデラーと武道の達人の共通点から学ぶテニス上達の極意!」
http://yanaharatennis.com/tips.html
----------------------------------------------------------------
★テニス上達研究会
http://yanaharatennis.com/kenkyumem.html
----------------------------------------------------------------
★練習会
http://yanaharatennis.com/practice.html
----------------------------------------------------------------
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。