香水、お好きですか?

 

香害ときらわれることもある香水ですが

 

スマートな香水のまとい方を知っていれば

いかようにも楽しむことができます。

 

 

 

精油を使って

自分で好みの香りを作る

アロマテラピーの範疇のものも好きですが

 

 

香水はやはり別格。

 

 

選び抜かれたパフューマーによる

職人技のひかる、芸術品。

 

身にまとうだけで

その時間の質がググーン!とアップしますアップアップ

 

 

香水=暮らしを豊かにしてくれるもの

 

わたしの中での「香水」は

そんな風にとらえています。

 

 

 

そんなわたしの

オススメの香水トップ3をご紹介ピカ

 

 

 

1つめが

季節で香りに変化をつけて楽しむのも素敵!

ということで

 

これから来る

梅雨や初夏の頃に愉しみたい

日本人なら万人受けする定番のこちら

CLEAN

 

 

みずみずしい石鹸のかおり。

シャワーフレッシュというラインは

ことさらに爽やかでいて上品。

残り香は少しあまくってセクシー。

 

 

 

2つめ!

ここ数年のお気に入り!

 

GUERLAIN ラ プティット ローブ ノワール

 

シックでいて かわいらしくって

しあわせ!!!という感覚がはじけるような香り。

残り香は優美でエレガント。

 

さすが帝室御用達香水のゲラン!!と

拍手したくなるほどです。

 

 

 

そして最後が

 

いつかは

こんな香りが似合う女性になりたい、、という

 

エルメス ケリー カレーシュ 

 

 

乗馬をする優雅な女性をイメージして作られた

品格ある大人の女性を感じさせる香りです。

 

わたしの中での

憧れの女性の香り。。。

 

 

なかでも

 

通常オンラインでは手に入らない

ケリーカレーシュの「パルファム」という

香水の中では最高ランクのタイプものが

 

香りの芸術品とはこれだ!と

感じさせてくれます。

 

 

1滴を身にまとって

そこから12時間、、、時間とともに

優美に変化していく上品な香りが本当に素晴らしくって!

 

 

それに見合う女性になれたら

ケリーカレーシュのパルファムを

エルメスの店舗で買うのが夢です。。

 

40代で実現させる予定、、、!がんばろ!

 

 

 

 

ちなみに、、、

 

今は香水NGな部署なので

香水を楽しむのはもっぱら休日。

あるいは夜時間です。

 

 

大好きな香りを身に纏いながら

眠りに落ちる時間は、、、しあわせそのもの。

 

 

ただ

 

夜に香水をつけるという習慣は

かなしいかな、お金がなかった学生時代のなごり。笑

 

 

 

学生時代は香水までは手が出せなくって

香水がゆるーいテクスチャーのクリームになったもの(香水より安い!)

 

入浴後のボディークリーム代わりにして

気軽に楽しんでいたのです。

 

なつかしい!

ランバン エクラドゥアルページュ

 

なんという名前だったか覚えてなかったもののボディークリームのランキングを眺めていたら

普通に載ってました。今も人気なんですね。

 

 

 

日本で売られているほとんどの香水は

6時間後には香りがしなくなるので

 

眠る時にまとうなら

翌日香害となることもなくって安心です。

 

 

ヨーロッパでは

化粧はしていなくても香水だけはつける!というくらい

欠かすことのできないビューティーアイテムであり

暮らしを楽しむ小粋なワザなんだそう。

 

 

そんな

暮らしや季節を香りで楽しむ知恵。

これからも気軽に取り入れていきたいと思います。

 

 

ではでは。

 

 

ポチッとお願いしますクローバー。

 矢印    

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ  

 

暮らしの参考にしています☆

シンプルで豊かな暮らし 暮らしを楽しむ キレイなママになりたい!ママ美容! 

 

 

 

 

 

 

おまけ的あとがき。

 

わたしに香水の世界の奥深さと

その愉しみ方をおしえてくださったのは

 

日本橋三越のフレグランスコーナーでの

パーソナルフレグランス診断をもとめて

15000人に選ばれた伝説を持つ地引由美先生。

 

 

香水との付き合い方や選び方がわかりやすい一冊。

パーソナルフレグランス 愛される香水選びのルール

地引由美 著

楽天ブックスはこちら

 

 

香水の世界がもっと!楽しくなる

香水にまつわる小さな物語の宝箱みたいな一冊。

ルパルファン ある感覚: 時代をいろどる香りとミューズたち

地引由美 著

楽天はこちら

 

 

AD