髪の毛のしくみ

テーマ:

髪の毛のしくみ


前回までの内容はコチラ


髪の毛の役割


人間の髪の毛は何なのか




さて、今回は 


『髪の毛はどのような仕組みなのか』


をまとめました




髪の毛は 3 層の構造になっています  

 


身近なもので例えやすいのは、




巻き寿司です

{17067B45-32D9-4FE3-9F8D-0BE42924AE5D}




(ウニやいくらに目がいってしまいます、)



さて、このかっぱ巻きでいきます


{726032C9-4E61-446F-A808-C615E938495A}



~きゅうりの部分~


毛髄質(もうずいしつ)

メデュラ


髪の中心にある空洞化している組織で

保湿性に優れるため、その役割は体温保持する役目もあると言われています。 

動物の毛などはメデュラが大きく体温を保つために都合がよい場合もあります。


成分は脂質とタンパク質でできていて

細い髪や赤ちゃんの時に生えたばかりの髪にはない場合もあります。


メデュラが大きいとパーマがかかりやすいと言われています。




~お米の部分~


毛皮質(もうひしつ)

コルテックス

毛髪の最も多くの部分(85%90%)を占めていて、縦に繋がった構造です。


{78566D47-CD68-4110-80DB-E505E2CFE760}
※髪の毛の構造の詳しい図です


コルテックスは水と馴染みやすい性質でパーマ液やカラーリング剤(染毛剤)はこの部分に作用します。




コルテックス内には髪の毛の色を決める

メラニン色素が存在し、カラーリング剤(染毛剤)が浸透し髪の毛の色に変化をつけます。

白髪が白いのはコルテックス内のメラニン色素が無いためです

{D581D35B-5611-4C68-8BF2-9D33A8DFAECE}

白髪にはメラニンはありません、、




パーマ剤が浸透してウェーブやストレートの形を作るのもコルテックスの部分です。






~海苔の部分~


毛小皮(もうしょうひ)

キューティクル

透明で硬く、魚のウロコの様に根元から毛先に向かって4枚から8枚程度が層になり重なっています。

水を弾く性質があり髪の毛の内部のコルテックスを保護しています。


{C066A415-6AB8-43B6-B1D4-B1393C767C19}



髪の毛のサラサラな手触りや綺麗なツヤを生むのは、このキューティクルの役目です。


{28562B05-9B48-456E-B6D7-C360CB215721}





ただし染毛剤によるカラーリングやパーマの繰り返し、強い力でのブラッシング、高熱のヘアアイロンの過度な使用などでダメージを受けてしまうと、ツヤがなくなったり手触りが悪くなってしまいます。


さらにダメージが進行するとコルテックスがむき出しの状態になり、髪が乾燥したり切れ毛や枝毛の原因となります。


{7EF9CDED-0E08-4C64-8BC9-9B6BAF0FA913}



髪の毛の仕組みがわかると正しいヘアケアの仕方もわかりやすいかと思います。



次回は髪の毛質の種類ついてです。


参考資料、図

BASIC CHEMICALより抜粋




アルシェヘアーのお客様ご予約専用

LINEアカウントです↓


友だち追加数


またはQRコードからどうぞ





arche hair のトークルームで

・ご希望のメニュー (例 カットとカラーリング
・ご希望の日時   (例 ◯月◯日 ◯時ごろ
・お客様のお名前 をご記入いただいて

その他ご相談したい内容等をメッセージ下さい宝石緑


もしくは
ホームページの予約システムから手紙 
http://arche-hair.jp/contact/




arche hair(アルシェヘアー)

住所:〒371-0853 前橋市総社町2-5-12 NHビル1階

電話:027-212-7766

受付時間:9:30~カット19:30/パーマ・カラー18:30/縮毛矯正17:30
    
定休日:毎週火曜日 第3月曜日





AD