船橋で五感を使ってこども英語レッスン&「おうちで出来る英語の種まき」講師のMANAMIです。

今日は小1の我が息子たちのことです。

一年生になり去年の9月頃から、ツインズ兄の方が「漢字」に興味をとても持ち始めました。

毎日毎日、トイレのドアに貼ってある「1年生で習う漢字ポスター」を見ては

「ねえ、ママ、”かざん”って火と山をくっつけて火山?!」

入院していた頃も、コロコロコミックを見ては難しい漢字を書いてみたいと

練習したり、とにかく毎日毎日質問の嵐。

「〇〇ってどういう風に書くの?」

「〇〇ってどういう意味?」


テレビの前に置いてある国語辞典で調べるのも得意になってきました。

子どもが何かに強い興味・関心を抱き始めたら、思う存分それを追い求めて欲しいなぁ。

それならと思い、調べてみたら

「漢字検定」なるものがありました。



小1レベルの10級からあり、

「これなら無理なく我が子にもできそうだな」と思い本人たちに聞くと

「やりたい!」と言うので申し込んでみました。

インターネットですぐに申込ましたよ^^

漢検とは

漢検は公益財団法人・日本漢字能力検定協会が実施している漢字の検定試験。公式サイトはこちらになります。

日本漢字能力検定

「漢検」とは「日本漢字能力検定」のことを指します。

漢検は、漢字能力を測定する技能検定です。単に漢字を「読む」「書く」という知識量のみを測るのではなく、漢字の意味を理解し、文章の中で適切に使える能力も測ります。

漢字は年齢に関係なく学べる身近な学習対象であるため、3歳から101歳という幅広い年齢層の方が漢検に挑戦しています。
(サイトから、漢検の概要について引用しました)


我が子たちが受験をするのは、初めてではありませんが(英検ジュニア、シルバーとゴールド受験しています)

会場に行って団体受験をするのは初めて!

これはいい機会だなぁと思いました。

受験対策としては、特にせず

学校の宿題と、毎日ドリルを朝1ページすることだけでした。

選んだテキストはこれ!



シールが付いていて、1ページ終わると貼れるように。終わるとパラパラマンガになります。

検定を受かる目的で勉強することは絶対にしたくないのが私の気持ち。

受験当日は、ワクワクしながら会場へ!

たくさんの子供達がいました!

同じ、お部屋にはツインズより小さなお子さんもいてびっくりしました。

10級は45分間。

終わって感想を聞いてみると

「楽しかったぁ〜」と出てきてくれました爆  笑

小学校に入ってからは字を書いたり、漢字を覚えたりすることにはまっています。我が家が受けたのは2月頭。そこで、「今度の9級は2年生の終わりに受験しよう!」ということにしました。毎年、学年終わりにどのくらいできたかな?という再確認のためにチャレンジすることに。

漢字へ興味も、もしかしたら何年か後には何事もなかったかのように消えてしまうのかもしれません。それでもやりたいことに頑張って取り組んだ経験や、その時間に感じた気持ちはずっと子どもの心に残るはずです。

親として、子どもの興味・関心を削ぐことなく、それに打ち込めるような環境をなるべく用意してあげたいな、と思うばかりです。

英語の学習においても
「英語絵本に興味を示さない」

「なかなか、家では話してくれない!」

「読み書きしてくれない!」

「宿題もやらない!」などと相談をママさんたちからされます。

絵本などの興味も、英語のものというよりは

お子さんの興味、関心あるものに関連付けて選んであげたり

ワークショップやイベントなどアンテナを張って見つけてあげれたらいいと思います。

都内絵本ツアー&ランチ交流会でもこのような「関連付けての英語の取り組み」をお話しさせていただいております。ぜひお申し込みくださいね。

image

英語イベント・講座



各種 ワークショップ、講座、出張も行っております



【募集中】0〜3歳さんの親子英語レッスン



津田沼/船橋/北習志野/前原/薬円台/習志野台/飯山満/夏見/坪井/幕張/葛西/市川/松戸/浦安/横浜/名古屋/大阪/兵庫
スカイプレッスンの生徒さんいらっしゃいます。

アメリカン英語・カリフォニア英語・日常会話・旅行英会話・赤ちゃんからの英語子育て・子供英語・幼児英語・小学生向けの児童英語・英語絵本の選び方・英検対策・ママがおうちでできる英語のフレーズ、などなどご相談できます。




AD