我が家唯一の…

テーマ:
さて、我が家の特攻隊長コボちゃん、既にハハのスペックをはるかに超えてしまっています。
何に特攻て、あなた、男の子にですよ。
なんだいあの肉食女子は?
本当に私の子かい?
 
弱冠6歳にして既に彼氏歴3人、現在4人目に果敢にアタックかましてます。
 
一人目は3・4歳時、同じギャルドリーにいたタレ目がキュートなN君。幼稚園が始まって会わなくなって自然消滅しました。そして2人目は現在の幼稚園でクラスメイトだった1学年上のやんちゃなR君。縦割り教育なので1年間同クラでした。しかしコボちゃん、「わざとクモ踏んだ!」との理由であっさりバイバイ。真っ当だ。
そして続けざまに3人目は同学年同クラのイケメンE君。彼とは長く、年中〜年長(現在)、半年以上続いてたんじゃないでしょうか。しかし年末頃、「E君はLちゃん(友達)が好きなんやって」と自ら振られ宣言。しょんぼりしてたのも束の間、いつの間にかヨリを戻していたようで、気がつくと幼稚園で列を作る時はいつも隣同士、顔を向けあって2人の世界でいちゃいちゃしてました。ギャルドリーへ連れて行かれるE君がコボちゃんにすれ違いハグまでかまして…って、まてまて、まだ6歳やろがー。
 
そんな熱々なお二人でしたが、ここで遂に終焉が来てしまったようです。理由は「E君ギャルドリーに好きな子がいるんやて」ですって。E君、さすが恋多きラテン男やな。
 
しかしコボちゃん、そんな事でしょげてはいませんでした。
「でもね!次はE君(No.2)がAmoureux(好きな人)なのー!ウッフフーラブ
 
 
はぁ?
 
 
E君(No.2)も同学年同クラの男の子。それまで全く話題にも出てこなかったのに、ここに来ていきなり熱をあげたようです。誰でもいいんかい。
 
その辺り気になるので、同ポジションのG君とかM君とかどうなん?と聞いたところ、
「でもぉ〜、G君もM君もそこまで友達じゃない…」との答え。
誰でも良いわけじゃないみたい。けど、放課後G君とよく遊ぶやん。なんか自作のロボットの絵と設計図(?)もくれたやん。そこはカウントされないのね。
 
 
しかし、今回は一筋縄ではいかないようです。
 
曰く「でもね、E君(No.2)『女には興味ねぇ!』だってー」
 
 
あー、ですよねー。うんうん、6歳男子の至極真っ当な答えです。
 
しかしコボちゃん、そんな事でめげてはいませんでした。
こないだ幼稚園でE君(No.2)にガンガンにモーションかけている姿を目撃しました。
ま、上記の宣言通り、E君(No.2)はコボちゃんの攻撃(?)を「うぉらっ」と跳ね返しておりましたがwww
 
それがまた彼女の恋愛炎に油を注いでるのかはコボちゃんのみぞ知る…。
 
 
完全草食系凡人のハハはもうついていけません。
恋愛に全く興味のない6歳普通系女子おサルと二人でただの傍観者です。
我が家唯一の肉食系の行く末をそっと見守るだけです。。
 
面白いから何かあったらここのネタにするけど(笑)
 
 
 
ここだけの話ですが、「そこまで友達じゃない」M君、実はコボちゃん大好きみたいで、なにかとちょろちょろ絡んでいくんです。が、興味ない人の好意にはとことん興味のないコボちゃん、ささっとあしらうだけで全く気づいてない…。
 
がんばれM君!
AD