11月の読書まとめ

テーマ:

スペイン人月間だった11月。

大物アルティスタが2回もやって来て、

しかも、招聘者が地元じゃないということで、

案内役、お世話役を頼まれ、

嬉しいことに、かなり密着させていただいた。

 

最初は4日間、

次は3日間、みっちり濃い時間を過ごし、

肉体は疲れていても、心は満たされ、感情はうねり出すといった、

喜びに満ちた月だった。

 

そのため?読書量は激減。

まぁ、怒濤の日々だった割には読めた方じゃないの?

というワケで、いってみましょー。

 

2016年11月の読書メーター

読んだ本の数:2冊 読んだページ数:706ページ ナイス数:632ナイス

 

SRO―警視庁広域捜査専任特別調査室〈1〉 (中公文庫)SRO―警視庁広域捜査専任特別調査室〈1〉 (中公文庫)感想 初読み。シリーズ物にしては、特別に立ったキャラもいなくて事件自体も派手な訳ではなく、淡々と物語が進んでいく感じ。警察組織が抱えている問題とか、警察庁と警視庁の軋轢もちらほら見えて面白い。が、次作を読もうとはあんまり思わなかったなぁ。残念!急に犯人が登場するのも、なんだか。。。そもそも犯人当てに重きを置いてないか。 読了日:11月15日 著者:富樫倫太郎


MAZE 新装版 (双葉文庫)MAZE 新装版 (双葉文庫)感想 久しぶりの恩田作品。面白く読んだけど、結局どうして満は呼ばれたの?最後までわからない私は頭が悪いんだろうか??なんて、読後頭の中がハテナマークに(笑)遺跡「豆腐」の謎解きは、SFチックもあり、昔話風でもあり、都市伝説ぽくもあり、面白かったけどなぁ。はっきり終わらせないのも、恩田風かな。 読了日:11月27日 著者:恩田陸
読書メーター

 

さて、過ぎてしまえば「本当にあった?」ってくらい早かった11月。

師走も駆け抜けるんやろうね。

風邪ひきませんようにーーーー!

 

 

 

AD