草枕。

テーマ:

草枕。抜粋。

はじめの7・5調がなんとも快適なリズムで、

やはり日本人の心を打つなぁと想う。

夏目漱石さん、改めて読みたい。

山本周五郎さんも。

魂に響きます。


智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。
意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。
住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。
どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。
人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。
やはり向う三軒両隣りにちらちらするただの人である。
ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。
あれば人でなしの国へ行くばかりだ。
人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。
越す事のならぬ世が住みにくければ、住みにくい所をどれほどか、
寛容て、束の間の命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。
ここに詩人という天職が出来て、ここに画家という使命が降る。
あらゆる芸術の士は人の世を長閑にし、人の心を豊かにするが故に尊とい。


世に住むこと二十年にして、住むに甲斐ある世と知った。
二十五年にして明暗は表裏のごとく、
日のあたる所にはきっと影がさすと悟った。
三十の今日はこう思うている。
――喜びの深きとき憂いよいよ深く、
楽みの大いなるほど苦しみも大きい。
これを切り放そうとすると身が持てぬ。片づけようとすれば世が立たぬ。
金は大事だ、大事なものが殖えれば寝る間も心配だろう。
恋はうれしい、嬉しい恋が積もれば、恋をせぬ昔がかえって恋しかろ。
閣僚の肩は数百万人の足を支えている。背中には重い天下がおぶさっている。
うまい物も食わねば惜しい。少し食えば飽き足らぬ。
存分食えばあとが不愉快だ。……


春は眠くなる。猫は鼠を捕る事を忘れ、人間は借金のある事を忘れる。
時には自分の魂の居所さえ忘れて正体なくなる。
ただ菜の花を遠く望んだときに眼が醒める。
雲雀の声を聞いたときに魂のありかが判然する。
雲雀の鳴くのは口で鳴くのではない、魂全体が鳴くのだ。
魂の活動が声にあらわれたもののうちで、あれほど元気のあるものはない。
ああ愉快だ。こう思って、こう愉快になるのが詩である。


http://twinklelove.jp/

AD