Coffee Break

くだらない視点の書きもの


テーマ:

久しぶりに大笑いしたな。

 

かわいいね。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ベニーガルソンというサックス奏者兼コンポーザーは数々の名曲を生んでいる。

 

 

ジャズには名曲は無い!名演だけだ。という語録があるのだけれど、

 

 

いやいやジャズには名曲はあります(笑)。

 

 

先日紹介したセロニアスモンクは数々の名曲を生んでおり、

 

 

それこそアドリブを入れなくても十分ジャジーだし、

 

 

むしろアドリブを必要としない楽曲ほど凄い完成度なのでは?というのが持論。

 

 

さて、このベニーガルソンという方の作曲作品はどれも素晴らしい。

 

 

好きな曲がたくさんあるのだけれど、その中でも3本の指に入るこの

 

 

"Along Came Betty"は一番初めに聞いたジャズ曲の一つで思い出深い。

 

 

小学校5年生の時だったと思うがNHKで深夜放送していた

 

 

アートブレイキ&ジャズメッセンジャーズのライブ演奏で知った曲。

 

 

今でもこの曲は大好きだ。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

1965年にリリースされたアルバム”ソロ モンク”はいったい何回聴いたことだろう。

 

何か考え事をする時、疲れている時、ドライブ中、夜寝る前、etc

 

いつも聴いている、ということだ(笑)。

 

そして聴く度に発見と感動があって。

 

自分の場合は彼独特のハーモナイゼーションにやられてしまう。

 

コードの構成の仕方が独特で、かつ物凄く刺激的。

 

ミスタッチも沢山あるこのアルバム(笑)。

 

でも、そんなの関係ねえ、と言わんとばかりトツトツと弾いている。

 

そしてこのダサイジャケットが本当に恰好が良いのだ。

 

素晴らしい作品だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ジャズピアニスト セロニアスモンクのピアノはいつ聴いても

 

 

物凄くスウィングしている。

 

 

とつとつと演奏する彼のスタイルは物凄く独特だ。

 

 

彼の紡ぎだす一つ一つの音が素晴らしい。

 

 

鍵盤楽器は横に滑らかに弾くというのが一般的だが、

 

 

彼は縦に弾く人(笑)。

 

 

最高にスウィングしているし、演奏の説得力が物凄い。

 

 

そして素晴らしい作曲家でもあった。

 

 

ラウンドアバウトミッドナイト、ブルーモンク、など挙げれば名曲ばかり。

 

 

この演奏は1966年のノルウェイとデンマークでのライブ。

 

 

強烈にスウィングしているジャズを是非聴いて頂きたい。

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

1980年代は自分は学生で、とにもかくにもFMラジオをチェックしては

 

カセットテープに録音して聴いていた。

 

今の時代と全く違っていてオンエアの時間に自分のスケジュールを合わせなければならず、

 

とにかくオンエア時間にはラジオの前にかぶりついていたな(笑)。

 

自分が最も影響を受けたラジオ番組はFM東京で毎週土曜日深夜0時からの1時間番組

 

”渡辺貞夫のマイディアライフ”だった。小林克也さんがナビゲーターで、

 

特に1984年ぐらいからは資生堂の男性化粧品のブラバスと連動した”ブラバスクラブ”

 

というライブが頻繁に行われていた。ほぼ毎週このブラバスクラブのライブハウス、

 

コンサートホールでのライブが録音中継されていた。

 

今から考えればとてつもなく素晴らしいミュージシャンが渡辺貞夫さんとライブをしていて、

 

このライブが珠玉のライブで今でもカセットテープでとってあるほど。

 

この多感な青年期に素晴らしいミュージシャンのライブ演奏を聴いて育ったので、

 

とにかくジャズ、フュージョンのライブには興味があった。

 

土曜日の深夜の放送というのも非常に良くて、これらのライブ演奏は

 

物凄く都会を描写していたと感じていた(笑)。

 

今でもそう思っていたりする(笑)。

 

1985年当時のブラバスクラブでのライブ演奏を是非観て頂きたい。

 

米国のイエロージャケットというスーパーグループが当時のバックメンバーで

 

今聴いてもカッコ良いんだよね。

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

1970年代後期ぐらいにワシントンDCを中心に黒人による

 

 

ソウルとジャズをベースにしたファンク音楽が発祥した。

 

 

通称”ワシントンGO GO"と呼ばれた。

 

 

そのサウンドはスイング感が溢れるバウンスしたファンクで、

 

 

その後80年代後半にはNew Jack Swingと呼ばれるビートに通ずるものになった。

 

 

この強烈にバウンスするビートも特徴なのだけれど、

 

 

なんといってもワシントンGO GOはノンストップで演奏されることが最大の特徴。

 

 

コンサートでは3-4時間平気で演奏がノンストップで続く。

 

 

1990年に初めてNew YorkでワシントンGO GOの第一人者である

 

 

チャックブラウンというおっさんのライブに出向いた。

 

 

始まったのが夜9時頃、終わったのが朝4時頃(笑)。

 

 

休憩なしのノンストップライブ。あれは衝撃だった。

 

 

はっきりいって聴いている方もグッタりだ。

 

 

皆踊りながら聴いているのだけれど、最初から最後まで踊っている人はいない。

 

 

演奏している方も大変。特にドラムが大変だ。

 

 

最初からドラマーは上半身裸で演奏している(笑)。

 

 

1時間もすると大粒の汗。ステージは照明やらで暑いからね(笑)。

 

 

ワシントンDCのストリートでは沢山のストリートミュージシャンがGO GOを演奏していた。

 

 

あの頃が懐かしい。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今週末もスタジオに籠って楽曲制作を続ける。

 

 

静かなスタジオで自分と向き合い、

 

 

音が紡ぎ出て来るまでひたすら格闘する。

 

 

自分が納得する旋律が降りてくるまでは、

 

 

非常に苦しい過程だ。

 

 

自分の中から何かが出てくるまでは

 

 

七転八倒に近い苦しみともがきだ。

 

 

それでも音楽を創ることは止めない。

 

 

自分のライフワークだから。

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

私の好きなピアニストの一人マルウォルドロン。

 

 

NY在住時に彼のライブをビレッジバンガードという老舗ライブハウスに観に行った。

 

 

今の時期、2月に出向いたのだけれど、とにかく寒くてねえ。

 

 

あの夜の空気感、そしてライブハウスの雰囲気は今でも鮮明に覚えている。

 

 

ビレッジバンガード、というと今の人は本屋?となるのかも。。

 

 

マルウォルドロンのピアノはいつも淋しい。

 

 

演奏曲もマイナー調のものが多いので余計にそう感じたのだろう。

 

 

とにかく真冬か真夏の夜に彼の曲は沁みる。

 

 

”レフトアローン”という名曲はジャズボーカリスト ビリーホリデイの為に作曲したらしい。

 

 

飛行機の移動中に作曲したそうで空港に着いた時にはこの曲が生まれたそうだ。

 

 

その晩のギグでこの曲を演奏したという逸話がある。

 

 

淋しく、そしてどこまでも孤独感のある”レフトアローン”。

 

 

曲名もそのものずばりだしね。

 

 

寒い今におススメします。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ジャズボーカリスト アルジャロウが逝去したとのニュースが入った。

 

 

また一人巨人が世を去った。

 

 

彼の素晴らしい作品は挙げればキリが無い。

 

 

彼の緻密なボーカルアレンジにはいつも度胆を抜かれた。

 

 

自分の中で今でもヘビーローテションの曲がある。

 

 

彼のベスト盤に収録されていたボサノバスタンダードの”おいしい水”。

 

 

トワイライトシステムでも”おいしい水”はライブで演奏した事がある。

 

 

とても有名なボサノバ曲なのだが、有名な曲ほど沢山のアレンジが存在する。

 

 

そんな中でもアルジャロウの”おいしい水”は今でも自分の琴線に触れるのだ。

 

 

今日は1日アルジャロウを聴いて過ごそうと思う。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ガラケー、ガラパコス携帯電話と呼ばれているらしいが

 

 

そのタイプの携帯電話からスマホに昨日から切り替わってしまった。。。

 

 

なんか長年連れ添った恋人と別れた感じで、

 

 

妙にせつなくてね(笑)。

 

 

携帯電話を持ち始めたのは1996年。

 

 

なので20年以上になる。

 

 

仕方なくスマホに変えさせられたのだけれど、

 

 

やはり想像していたとおり。

 

 

この国はね、

 

 

また巨大地震が必ず来るのに毎日充電しなければならないというのでは

 

 

危機管理としてどうなのか?と。

 

 

外出先で電話をすることが多いので、あっという間に電池が無くなり意味が無い。

 

 

アホかっ!

 

 

”色々な情報が手に入りますから便利ですよ”と昔から言われ続けていたが、

 

 

情報には困っていない、と伝えていたのだが、強制的に変えさせられ、

 

 

いきなり不自由な生活に。。。

 

 

スマホ至上主義的な人が増えて困るよなあ。

 

 

すべてはコミュニケーション能力の問題で、技術が全てを補ってくれない。

 

 

スマホやアプリを開発している人達は非常にクリエイティビティが高いと思うが、

 

 

それを使っている人々はどんどん前頭葉が退化し機械にコントロールされ縛られてゆく。

 

 

スティーブジョブスが昔記事に書いてあった言葉が全てを物語っている。

 

 

”私はiPhone, iPadは自分の子供には絶対与えない考えをもっている”と。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。