久留米市が復元を進めていた市出身の洋画家、坂本繁二郎(1882~1969)の生家が完成し、公開が始まった。老朽化していたが、市が解体後、痛んだ部分を補強、修理して坂本が20歳ころに住んでいた当時の姿を再現した。
 代表作「放牧三馬」で知られる坂本は旧久留米藩士の子として生まれ、20歳で上京後、二科展の創設に参加。「放牧三馬」などの代表作で知られる。
 生家は、江戸後期から明治にかけて建築された市内に残る唯一の武家屋敷で、2002年に所有者から市に寄贈された。月曜日休館(月曜が休日の場合はその後の平日休館)で、入場料は一般200円、小中学生100円などとなっている。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕県庁正門にミニ「熊本城」が登場-熊本県
〔地域の情報〕法被姿で歌舞伎祭アピール=石川県小松市
〔地域の情報〕壮大に広がる藤棚=福岡県八女市
〔地域の情報〕30周年目の朝市オープン=仙台市
〔地域の情報〕「萌えキャラ」電車、出発進行=北陸鉄道石川線

防衛省の幹部候補生採用試験で出題ミス(読売新聞)
警視庁警部補を追送検=酒気帯びと下着窃盗の容疑―千葉県警(時事通信)
<紙幣ばらまき>男性が東名阪道で 280万円回収(毎日新聞)
<地ビール>人気再び 若い世代、ワインのように(毎日新聞)
「国民いらだち」支持率20%割れ調査で首相(読売新聞)
AD