2006-11-14 11:29:31

ブログパーツ「カラータイマー」をセットしました

テーマ:ウルトラセブン
So-netさんが運営しているウルトラチャンネルでブログパーツ「カラータイマー」の無料配布が始まっておりました
そりゃもうあなた!すかさず導入っすよ(笑)
ブログパーツの「Timer」と書いてあるところをクリックすると青いカラータイマーが表れます
カウントダウンしていって残り2分になると赤く点滅すると言うこれはまさにカラータイマー♪
ウルトラマンの本当のカラータイマーは残り30秒でしたっけ?

この使い方はあれですかね、カップラーメンの時間を測るのには最適のような気がします
よーし次回カップラーメンを食べる時には絶対コイツを使ってやるぞぉ(爆)

どうやら音は出ないみたいで、音が出る出ないの選択が出来るようになっているとベストなんですけどね


カラータイマーブログパーツの置いてあるアドレスはこちら
ウルトラチャンネル

フリーブログパーツがアメブロに出来て節操も無く設置していたらブログパーツだらけになって来たのでメロメロパークとクッキングは格納しました
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-09-08 00:10:12

ウルトラセブン第7話

テーマ:ウルトラセブン
タイトル「宇宙囚人303」
キュラソ星から逃亡を図った囚人が地球に潜伏した模様、アンヌ隊員を人質に機体調整中のウルトラホーク1号β号で他星へさらなる逃亡を狙ったが・・・

先週の東京MXテレビさんは音楽番組のため、ウルトラセブンの放送は一週送りとなりました
Jジャクソンの新曲PVをやっていたそうでございます

今週の第7話は見所満載でありました
まずはキュラソ星人の登場シーン
狩りに来ていた猟師二人が襲われる
しかし、本編とはさほど繋がりはなかった模様
まずは手だけの登場で臨場感と恐怖心をあおった作りでGOODです

食料補給に向かったのはガソリンスタンド
キュラソ星人が好むのは出光赤アポロガソリンなのでしょうか
赤アポロって有鉛でしたっけ
ハイオクは金アポロだったような
ここでも手からヌッと出してきて良い演出です

このシーンより前になりますが宇宙ステーションV3の全景が見れましたね
今までは話しだけの登場でしたが、この第7話で初登場でありました

アンヌを人質に逃亡したキュラソ星人を追ってウルトラ警備隊が取った作戦はウルトラフォーク1号の合体
ある意味これは見せ場ですよねぇ
やっぱこの系統は何らかの合体がないと(笑)

エンディングではモロボシ・ダンは確かにウルトラセブンに変身しましたが、墜落する自機から脱出するのみの行動のためにでありました

戦わないって今じゃ有り得ないですよね
これがウルトラセブンの魅力でもあるんですよね
なぜそうなったかと言うと「宇宙でも地球でも逃げ場はない」とダンが言っていました
結末は自業自得にしたかったのではないでしょうか

つまりは悪い事をしているとそのうちには自滅しますよと暗に言いたかったのではないでしょうか
なかなかの秀作でございました
多分、子供達には不評だとは思うのですがね

さて次回は放送順通りなら「狙われた街」登場する怪獣はメトロン星人
ウルトラセブンの代表作と言っても過言ではない作品ですからお見逃しのないように





ハピネット・ピクチャーズ
DVD ウルトラセブン Vol.2



ハピネット・ピクチャーズ
DVDウルトラセブン コレクターズBOX (初回限定生産)



ハピネット・ピクチャーズ
DVDウルトラセブン 全12巻セット



ジェネオン エンタテインメント
プロジェクト ウルトラセブン
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-23 21:15:07

ウルトラセブン第6話

テーマ:ウルトラセブン
タイトル「ダークゾーン」
アンヌの部屋に突然現れた黒い影のような生命体、話しを聞くと宇宙船が壊れて地球に不時着した宇宙人のようだ
とても友好的であったか実は彼には大切な任務があったのでありました
一方、地球防衛軍極東基地では謎の電波を受信、ベガッサ市という宇宙浮遊都市が地球の軌道に乗ってしまって変更が出来ない模様
地球防衛軍の下した決断は・・・

相手は宇宙人とは言え、侵略をしようと思っているワケではなく、単に故障で地球に激突する状態になっていてやむなく爆破の決断をしたのでありますが、非常に考えられさせるテーマでありました
現実に同じような事が起こったらやはり破壊に向かうのでしょうかねぇ
その能力が今の地球にあるかどうかは判りませんけれど
破壊できる能力を持つと言う事の使い道はそれが必ずしも正しいとは限らないと暗に明示していた作品なのではないでしょうか
とはいえ、地球からしてみれば危機を救った事にはなるのですから複雑ではあります

ウルトラセブンが地球を破壊に来たベガッサ星人を殺さないで逃がしたのは侵略目的ではなかったからと解釈するのが妥当でしょうなぁ
それにしても彼は影になって地球で暮らしていると言う設定のようです

ウルトラセブンが他のウルトラシリーズとは違う面を見せた回でありました

さて次回第7話は放送順通りなら「宇宙囚人303」登場するのはキュラソ星人のようでございます
お見逃しなく




ハピネット・ピクチャーズ
DVD ウルトラセブン Vol.2
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-17 11:44:53

ウルトラセブン第5話

テーマ:ウルトラセブン
タイトル「消された時間」
新技術のヤシマダイオードはレーダー機能を飛躍的に向上される優れもの、それを開発したヤシマ博士が地球防衛軍極東基地にやって来る専用機の飛行中にカラダをビラ星人に乗っ取られてしまい・・・

ヤシマ博士を演じていたのは山本耕一さん
漫才コンビ・ザ・ぼんちのネタに登場されるあの方でございます
元々はワイドショー(ニュース番組かも)の一幕をパロディー化したものでありまして、その相手は川崎敬三さん
まさとさんが川崎さん役、犯人が「A地点からB地点に行く間に何かがあったと」と言った後、おさむちゃんが山本さんの役「そーなんです川崎さん」と言うのでありまして、この第5話はその山本さんの若き日の映像で貴重です
この情報は畑中 智晴さんに頂きました、感謝です

山本耕一さんは女優小林千登勢さんの旦那さんでもありました

話しは横道にそれてしまいましたが、さて本編

ヤシマダイオードという言葉が出てきました
当時は真空管の時代でして基地内のレーダー施設には大きな冷蔵庫のようなサイズの制御装置がいくつも並んでおりました
これが当時のコンピューターでございます
基地内にあったあの大きな箱全てを合わせてもあなたが今使われているパソコンには遠く及ばないスペックなのではないかと推測されます

それを麻痺させて、その隙に侵略すると言う発想はなかなか考えてありましたが、ウルトラセブンの存在を知っているのなら、そっちの対策も考えた方が良かったんじゃないのかぁビラ星人(爆)
要人をコントロールする事が出来たらとても危険だと暗にこのドラマは伝えています

さて、次回は放送順通りなら「ダーク・ゾーン」登場するのはベガッサ星人




ハピネット・ピクチャーズ
DVD ウルトラセブン Vol.2



ハピネット・ピクチャーズ
DVDウルトラセブン コレクターズBOX (初回限定生産)



ハピネット・ピクチャーズ
DVDウルトラセブン 全12巻セット



TVサントラ, 冬木透, ジ・エコーズ, みすず児童合唱団, 東京一
ウルトラセブン ミュージックファイル



TVサントラ, ジ・エコーズ, みすず児童合唱団
ウルトラセブン ミュージックファイル Vol.2



TVサントラ, ジ・エコーズ, みすず児童合唱団
ウルトラセブン メモリアル・ベスト



TVサントラ, みすず児童合唱団, ジ・エコーズ
ウルトラマン生誕40周年記念 ウルトラサウンド殿堂シリーズ(3) ウルトラセブン
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-08-09 18:46:17

ウルトラセブン第4話

テーマ:ウルトラセブン
タイトル「マックス号応答せよ」
地球防衛軍が保有する原子力船マックス号のタケナカ参謀にソガとアマギが呼ばれ乗り込んだ
行き先は最近タンカー数隻が相次いで消息を断っている謎の海域、現場に到着すると・・・

今週はツッコミどころが満載なんですが(笑)
ポインター号で海岸まで行ってそこからモーターボートで沖合いにあるマックス号に向かうのですが、大きな船なので海岸には座礁の恐れがあって来れないとしても、普通の岩場みたいなところにモーターボートがボツンと置いてあるのがどうも・・・
せめて隠しておいて欲しかったなぁ

ゴドラ星人が変身した若い女性(役者さんは水上竜子さんのようです)のクルマが故障して立ち往生している場面にダンが遭遇、直してあげようと見ていると殴られてまたもウルトラアイを盗まれてしまう
えぇ~今週もぉ(爆)

宇宙空間にマックス号が運ばれてしまうけれど
空気は供給されているというテイでOKとしても重力的な事はどうなっているんでしょ
まさか宇宙に飛ぶってのは想定外じゃないかなぁと思いました

ウルトラセブンに救出された面々がロープに引かれて宇宙散歩
夢があって良いのですが、ウルトラ警備隊の二人はスーツが宇宙服仕様だったとしても地球防衛軍の服はどう見ても普通の服のような気がしました
宇宙服のテイで見ろって事ですかねぇ(笑)

ウルトラフォーク2号で現場に向かったフルハシ隊員がマックス号に乗り移る時にヘルメットのシールドをおろして呼吸のための管を付けていましたが、ありそうでなかなか見れない使い方ですからこのシーンは貴重です

会話するウルトラセブン
キリヤマ隊長と会話するウルトラセブン、これもなかなか無い貴重なシーンです
人間サイズになっているウルトラセブンですが、もっと小さくもなれるのでございます
第31話「悪魔の住む花」ではミクロ化するウルトラセブンが見れます

細かい部分がおかしいと思えるところが満載でしたが、脚本的には30分番組でこの密度の濃さ、展開も早くなかなか光る物がある出来映えでありました

ゴドラ星人が次々と計画をバラしていると思いましたが、これはあれですよね、お約束ですよね(笑)
戦闘シーンではナゼか突然逃げようとしたゴドラ星人、ウルトラセブンにはかなわないと思って逃げようとしたのですかねぇ
この怪獣の本質は知略の星人と言う解釈で良いのではないかと思います

さて次回第5話は放送順通りならば「消された時間」登場する怪獣はビラ星人でございます
次回もお見逃し無く



ハピネット・ピクチャーズ
DVD ウルトラセブン Vol.1



ハピネット・ピクチャーズ
DVDウルトラセブン コレクターズBOX (初回限定生産)



ジェネオン エンタテインメント
わが愛しのウルトラセブン モロボシ・ダンの名をかりて…森次晃嗣



ジェネオン エンタテインメント
-ウルトラヒロイン伝説-アンヌからセブンへ



ジェネオン エンタテインメント
ウルトラセブン1967



ハピネット・ピクチャーズ
DVDウルトラセブン 全12巻セット
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-02 19:05:00

ウルトラセブン第3話

テーマ:ウルトラセブン
タイトル「湖のひみつ」
宇宙船が着陸したとの報告を受けたウルトラ警備隊はウルトラホーク3号で調査に向かった
場所がわからず釣り人に尋ねる二人、釣れた魚を逃がそうとする不思議な少女が現れて・・・

モロボシ・ダンがウルトラセブンに変身するのに必要なウルトラアイを盗まれてしまいましたが、この手の話しは割りと多くて最終回までに一体何回盗まれるのと思わずツッコミを入れたくなるぐらいなのでございます

川を泳いでいた少女の水着が今着て、プールサイドにいても遜色ないような柄だと感じました
いや、もっとも、これはわたしのセンスですから本職の服飾デザイナーの方がご覧になられたらどう思われるかは定かではありませんけれども、今着用してもおかしくないとするならば、当時はどれだけ斬新であったのかが伺えるのではないでしょうか
形は今では厳しいのかも知れませんけれども当時は相当ハイセンスで流行の最先端だったとわたしは思います
取り合えずこの水着を脳裏に焼き付けつつ次回以降の水着登場シーンと比較するのも面白い見かたではないかと

第3話にしてカプセル怪獣が登場しましたが名前は「ミクラス」と言うそうでございます
ダンが変身出来なかったので登場となったワケなのですが、考えてみるとウルトラアイと一緒に怪獣カプセルも盗んでおけば良いものをと思ってしまいますが、これはまぁある種お約束なのでしょうなぁ

先週の記事で当時人気があった怪獣「エレキング」の登場ですと書きましたが、どの辺りに人気があったのかいまいちわかりませんでした
牛+トカゲみたいじゃないですかぁ
白と黒のまだら模様が子供達の心を熱くさせたのでありましょうか
うーん
セブン登場後はやけにあっさりアイスラッガーで倒されておりましたし

本編の話しの中でわかった事はウルトラ警備隊は300名いると言う事とアンヌ隊員が女医でもあると言う事がわかりました
ストーリー自体はウルトラアイが盗まれる事にもっと緊張感があればより良かったのではないかと感じました
最後にナレーションが無かったと思いますが、無い事もあるんですね
結構、皮肉交じりのチクっと胸に刺さるナレーションはわたしは好きでございます

主なキャスト
中山昭二さん、森次浩司さん、菱見百合子さん、石井伊吉さん、阿知波信介さん、古谷敏さん、勝部我夫さん、山本浩さん、池田父芙美夫さん、西京利彦さん、金井大さん、高橋礼子さん、ほか



ハピネット・ピクチャーズ
DVDウルトラセブン コレクターズBOX (初回限定生産)



ジェネオン エンタテインメント
-ウルトラヒロイン伝説-アンヌからセブンへ



ジェネオン エンタテインメント
プロジェクト ウルトラセブン
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-07-26 13:51:43

ウルトラセブン第2話

テーマ:ウルトラセブン
東京MXテレビさんでは先週からウルトラセブンの放送が始まりました
初回の先週は途中からしか見れなかったのですが今週の第2話は録画も含め鑑賞致しました
ウルトラセブンの本編を見るのは何年振りですかねぇ
いや~懐かしいです
ちょっと前にNHKさんで放送されていた週刊お宝TVウルトラセブン編の記事を書きましたのでそれをお読みになられた方はわたしの思い入れ具合がわかるのではないでしょうか
テレビウオッチャー週刊お宝TVウルトラセブン編

さて、昨日の第2話は「緑の恐怖」
宇宙ステーションV3から地球に戻って来たいしぐろ隊員の家に巨大な石が落下、さらに謎の郵便物が送られて来た
夜になると植物の形をしたワイアール星人に変化して次々と人々を・・・

会話のひとつひとつは古めかしいし、無駄な表現もあって、まだ第2話辺りだと制作も手探り状態である事がわかる
地球に戻ったいしぐろ隊員をウルトラ警備隊の一室で囲んでいたシーンではいしぐろ隊員がお尻を画面にモロに向けているのは今では考えられない作り方でありますね

郵便屋が後ろからお手伝いさんの肩を叩くシーンやお手伝いさんがガレージにいる奥さんに郵便物渡すシーンではホラーじみていて恐怖心をそそりました

襲える人が減ってしまって箱根に向かうと言い出していましたが、当時は近場の観光地と言えば箱根だったのですかね
子供の頃にはよく小田急のロマンスカーに乗りましたが先頭車両はパノラマ席と言いましたかね
あそこに乗るのは大変で休日便では前売り発売と同時に売れ切り御礼となりましてなかなか乗れなかったのでございます
ですので当時の子供達(今もなのかも知れませんが)憧れの座席でありまして、上手く子供の心を捉えているなぁと思いました

カット割りで凄いなと思うのは会話の時に下からえぐるように撮影している辺り、この頃の映画では割りと使われていたのかも知れませんが、危機感をあおる映像で、この手法はこの後の回でも出て来ると思いますのでそこも要注目です

戦闘シーンでアンヌ隊員が「ウルトラセブン頑張ってぇ~」とエールを送っていましたが回が進むにつれてウルトラセブンからセブンになると思います
どの辺りの回からウルトラがなくなるのかも小さな注目点ではないでしょうか

放送順通りに放送されるとしたら次回は「湖のひみつ」登場する怪獣はウルトラセブンの中では当時人気がありました「エレキング」でございます
次回もお見逃しなく
MXテレビさんのウルトラセブンのページはこちら
MXテレビさんウルトラセブンのページ
放送時間ぐらいしかわからないんですがね




ハピネット・ピクチャーズ
DVD ウルトラセブン Vol.1



ハピネット・ピクチャーズ
DVD ウルトラセブン Vol.2



ハピネット・ピクチャーズ
DVD ウルトラセブン Vol.3



ハピネット・ピクチャーズ
DVD ウルトラセブン Vol.4



ハピネット・ピクチャーズ
DVD ウルトラセブン Vol.5



ハピネット・ピクチャーズ
ウルトラセブンの秘密(前編)



ハピネット・ピクチャーズ
ウルトラセブンの秘密(中編)



ハピネット・ピクチャーズ
ウルトラセブンの秘密(後編)



バップ
NHKドラマ 私が愛したウルトラセブン(DVD2枚組)



ジェネオン エンタテインメント
-ウルトラヒロイン伝説-アンヌからセブンへ



ハピネット・ピクチャーズ
DVDウルトラセブン コレクターズBOX (初回限定生産)



ジェネオン エンタテインメント
プロジェクト ウルトラセブン
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-05-23 18:21:48

週刊お宝TVウルトラセブン編

テーマ:ウルトラセブン
5月22日NHKBS第2夜11時30分より放送された週刊お宝TVを見ました
再放送のようでして本放送は以前に放送されていたんですなぁ
コンバット!を録画するために早めにチャンネルを回したら見る事が出来ました
昨日はウルトラセブンの特集でありました
以前どこかの記事に書きましたがウルトラセブンはまさにわたしのストライクゾーンです(笑)
ウルトラセブンの放送開始は1967年だったそうですからわたしは4歳だったんですなぁ
その後も再放送はされたと思うのでその時も見ていたのでありますが。
で、普通の子なら怪獣をやっつけるセブンのシーンをメインに見ていたと思うのですが、そこは変わり者のお子供だったわたしの事でありますから、そっちはどうでも良かったんでございます
脚本が素晴らしいものが多くて、そちらに魅了されておりました
放送の翌日になると近所の子供達が集まって当然のように昨日放送されたウルトラセブンの話しになるのですが、子供達にはアイスラッガーが不評のようでございました
「アイスラッガーを飛ばした時のセブンはハゲじゃねーか、ウルトラマンの方がかっこ良いよ」と言うお子供
「戦闘のところってそんなに大切なの?お話しの方が面白いのに」と言うと

「そりゃそうさ、変身がかっこいいんじゃん」とお友達

子供とは話しが合わない当時の子供のわたし(爆)

番組にはアンヌ隊員のひし美ゆり子さん、ダン隊員の森次晃嗣さんもインタビュー出演されていました
たった一言で言ってしまうと「ただの普通のおじさんとおばさんじゃん」(汗)
まっこれだけの月日が流れているのでありますから当然なのですが、なんとなくショックだったりしております(笑)
でも番組で紹介されていたアンヌ隊員の写真集欲しいなぁ
番組では「オール・オブ・アンヌ」を紹介されていましたがアマゾンさんだけでもこんなに出ているじゃないですかぁ
こりゃ大人買いかなぁ



円谷プロダクション, 円谷プロ=
All of Anne―ひし美ゆり子写真集



Anne NoNobjective Explorers
アンヌへの手紙。―ひし美ゆり子写真集



ひし美 ゆり子
セブンセブンセブン―アンヌ再び…



ひし美 ゆり子
セブンセブンセブン―わたしの恋人ウルトラセブン



ひし美 ゆり子
アンヌ インフィニティ [CD-ROM]



ひし美 ゆり子
アンヌとゆり子―隊員服を脱いだ私



ひし美 ゆり子
隊員服を脱いだ私

押井守さんがその写真集をサイン付きで貰っていましたが、あれではただの普通の一ファンじゃねーか(爆)
役得でしたなぁ(恨)

他にも脚本家の市村森一さんの脚本に関するエピソードが聞けました
ウルトラマンに制作費が嵩んでしまってウルトラセブン制作にあたっては出来るだけ戦闘シーンを減らして制作費を抑えるようにと言われていたそうです
なるほど、それで苦心、苦悩を重ねた結果、素晴らしい脚本が生まれたのだと、さらに時代背景的には日米安全保障の問題や沖縄の問題などもある時期で社会主張を織り交ぜてある作りでウルトラマンシリーズの中でも異種的な作品でもあるのではないでしょうか
ウルトラセブンの後は帰ってきたウルトラマンとなって完全に子供向けドラマとなってしまって、わたしは3話ぐらいまでしか見ておりません(笑)
まだまだ小学生の子供だったんですけどね

番組内で当時流行っていた番組で紹介されたのは
コメットさん(見てませんでした、大場久美子さん主演のものはみておりましたけど)
スパイ大作戦、英語でのタイトルはミッション・イン・ポッシブル「尚、このテープは自動的に消滅する」ってアレです
最近ではトム・クルーズさん主演で映画化されていましたね



パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
ミッション:インポッシブル

ジャイアント・ロボは正太郎少年だったかなぁ、詳しい方コメントくださいな
返事が何と言っているのかよくわからなかったりしました「マッ」って感じでしたよ
ナゼかパチンコ屋に行くと見かけます、テータロボとか言って




東映
ジャイアントロボ Vol.1



東映
ジャイアントロボ Vol.2<完>

魔法使いサリー、横山光輝さんの代表作ですね
今はサリーちゃんよりもよくものまねをされるので三つ子の姉よし子ちゃんの方が有名かも知れません




ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
東映アニメモノクロ傑作選 Vol.3



横山 光輝
魔法使いサリー

番組内では幻の映像を公開となりました
まさか、アレが出るのかと思っていましたがそうではありませんでした
アレについてはいつでも削除出来るようにこの記事の1番最後に掲載する事にしまして、海底都市を破壊するウルトラ警備隊の画像でした
しかし、これも確かに重要なシーンです
これをアメリカがウルトラ警備隊、海底都市をイラクとするならばイラク戦争の無意味さを暗示させていて、未来への警鐘だったとも思えて深いドラマだなぁと思えてなりません
予算が無くて良いドラマが作れないと思っているテレビ局制作に携わる方がもしいらっしゃるのだとしたらこの作品を最初から最後まで見て頂きたいですなぁ



ハピネット・ピクチャーズ
DVD ウルトラセブン Vol.1



ハピネット・ピクチャーズ
DVD ウルトラセブン Vol.2



バップ
NHKドラマ 私が愛したウルトラセブン(DVD2枚組)



ジェネオン エンタテインメント
わが愛しのウルトラセブン モロボシ・ダンの名をかりて…森次晃嗣



ジェネオン エンタテインメント
-ウルトラヒロイン伝説-アンヌからセブンへ



ハピネット・ピクチャーズ
DVDウルトラセブン コレクターズBOX (初回限定生産)


最後に途中で書きました幻のアレについて
アングラな内容なので関係各位より削除要請があるとこの部分はカットしないとなりません

ウルトラセブンには幻の回があります
幻と言っても放送はされていましたから本当の幻ではないのかも知れません
子供の記憶と言うのは恐ろしいもので放送された順番まで頭に入っていて、再放送される時には次はあの回だなと楽しみにしているのでございます
本放送、再放送の1回目ぐらいまではちゃんと放送されていた回が突然放送されなかった事がありました
わたしは母に聞きましたよ
「ねぇ、なんで放送されなかったの?」
ウチの母
「来週と今週が入れ替わったんじゃないの?、次に放送されるよ」
それを信じて待つ子供のわたし・・・
しかし、次の週も放送されず
「放送されなかったよぉ」
ウチの母
「おかしいわねぇ、どうしたのかしら」
その事についての井戸端会議が開催されて、ある事実を聞いて来たようでしたが、どう説明して良いか迷ったのでしょうなぁ、結局うやむやにされてしまったのでありました

大学生になったわたしは、もうそんな事はすっかり忘れていましたが物凄くウルトラシリーズに詳しい人に出会う事になったのであります
「あのさぁ、ウルトラセブンには幻の回があるんだぜ」
わたし
「再放送で放送されなかったあの回?」
その人
「あれ?知っているの?」
先ほどの経緯を話すと
「なるほどねぇ」
と言って本当の事を教えてくれた
「第12話、遊星より愛をこめて」に出て来るスペル星人がある雑誌の付録で怪獣カードが付いていた、表は怪獣の写真、裏にはプロフィールが書いてある、何の変哲もない普通のカード
問題はプロフィール欄に「被ばく星人」と書かれていたのでありました
つまり原爆で被ばくした人が怪獣になって、それを正義の味方がやっつけるのはどうんなんだと言う事になって、その回全てを消去してしまったとの事でした

「そうなんだ、わたしはそのカード持っていたよ」
と言うとその人は驚きましたねぇ
是非、譲ってくれと頼まれましたがそれは無理でありました
と言うのは
先ほど井戸端会議の話しをしましたが、戻って来たウチの母はその日の夜のうちにあのカードを全て処分してしまったのでありました
子供に悪影響があるのではないかと考えたんでしょうなぁ
翌朝、起きた時にはさすがにそれに気がつきますよ
「どうして捨てちゃったの?」と聞くわたし
「随分使ってて汚かったからねぇ」と言う母
泣きじゃくるわたし
仕方なくデパートへわたしを連れて行きプラモデルを買ってくれました
彼との話しでその時に全容が全て掴めたのでありました
それでも今でもウルトラマンシリーズで1番好きなのはウルトラセブンなのであります
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。