内閣府はこのほど、「高齢者の日常生活に関する意識調査」の結果を発表した。それによると、介護サービスが必要な時に利用できる体制の整備を望む高齢者は全体の43.2%で、5年前の前回調査の33.8%から9.4ポイント増加した。

 介護サービスの体制整備は、社会全体が重点を置くべき対策として、「老後を安心して生活できるような収入の保障」(55.3%)に次いで多かった。

 また、将来の日常生活全般に不安を感じている高齢者は、10年前と比べて8.3ポイント増、5年前と比べて4.0ポイント増の71.9%だった。

 調査は高齢者の日常生活全般の実態を把握することを目的に、昨年10月22日から11月8日にかけて実施。対象は全国の60歳以上の男女5000人で、3501人から有効回答を得た。


【関連記事】
「介護保険の公費60%に」―市民団体が厚労相に要望書
介護サービスの選定支援制度、調査機関に全国初の行政処分―静岡県
認知症を地域で支えるための手引書を公表―東京都
男は「妻」、女は「プロ」に介護されたい─ヒューマが意識調査
顧客満足度、介護サービスが29業界中3位

政治資金監査、収入は調べず領収書照合のみ(読売新聞)
「1年前のあの男…」店主忘れず、寸借詐欺再び(読売新聞)
医師会に配達の鉢植え出火、会長選巡り脅迫?(読売新聞)
国会延長想定せず=政府・民主が確認(時事通信)
<鳩山首相>連合会長と「政府・連合トップ会談」(毎日新聞)
AD