長妻昭厚生労働相は4月1日、新規採用職員入省式で、「政権交代後初の採用。厚生労働省再生元年の原動力になっていただきたい」と、約100人の新職員に訓示した。

 長妻厚労相は、同省再生のため組織力の強化に取り組み、「国民に奉仕する役所に生まれ変わらせる」との決意を示した。その上で、一番重要なことは「現状把握能力」と強調。「現状を正確に把握していないと、どんなに立派なビジョンの政策も的外れな政策になりかねない」と述べた。
 また、現状を把握する上で障害となるのは「おごり」と指摘。「『おごり』は事実を見る目を曇らせ、批判を聞く耳をふさぎ、全体像を正しく想像する思考を鈍らせる」とし、省全体から「おごり」の一掃に取り組む考えを示した。

 さらに、厚労省には新しい政策を分かりやすく説明する能力や、政策の効果や影響を検証する能力などが不足しているとの認識を示し、「これらの能力に注力して仕事をしてほしい」と呼び掛けた。


【関連記事】
「組織改革本番の年に」―長妻厚労相
「今は介護を立て直す大きなチャンス」-長妻厚労相が「介護の日」に
「コンクリートから人へ」で医療費抑制を転換―鳩山首相が所信表明
長妻厚労相、「まず現状把握」
「マニフェストの熟読を」―長妻厚労相が訓示

保護者らの無理難題に困惑!対応マニュアル配布(読売新聞)
<傷害>別の患者骨折容疑で元看護師を再逮捕へ…兵庫県警(毎日新聞)
歌舞伎座で最後の興行始まる=東京(時事通信)
緊張感なさすぎる…若林氏失態、若手ら落胆(読売新聞)
鳩山首相「不知の罪」 求められる説明(産経新聞)
AD