日本新聞協会は「HAPPY NEWS 2009」と題し、幸せな気分になった新聞記事とその理由をまとめた作文を募集している。09年4月以降に掲載された記事が対象で、大賞には30万円相当の副賞を贈る。

 応募は新聞記事の切り抜きを同封のうえ▽掲載日、掲載紙名、朝・夕刊の別▽HAPPYになった理由(400字以内)▽郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、職業(学校・学年)、電話番号を記入し〒100-8543(住所不要)日本新聞協会「HAPPY NEWS」係へ。締め切りは2月20日(当日消印有効)。同協会のウェブサイト(http://www.readme‐press.com)からも応募できる。問い合わせは同係(03・3591・4407)。

【関連ニュース】
報道写真展:両陛下が初鑑賞 東京・日本橋三越
毎日新聞:「新時代の新聞追求」 3者補完し紙面で特色
授業で新聞:職員室から意識改革
毎日新聞社、編集部門3年連続の受賞 石綿被害、一連の報道で
ニュース交差点:教育 小中図書館に新聞3割

敦賀原発、監視装置の電源入れ忘れ1年半(読売新聞)
<学力テスト>鳥取県は経費を全額肩代わり 平井知事方針(毎日新聞)
首相「試練だ」 国会開会で危機感(産経新聞)
10年規模の変動を初予測=太平洋の海面水温、気候に影響-海洋機構や東大など(時事通信)
<谷垣総裁>「物言えば唇寒し」民主党を皮肉る (毎日新聞)
AD