司馬遼郎記念館(大阪府東大阪市)は1日、司馬さんが「アメリカ素描」と「街道をゆく ニューヨーク散歩」の執筆のため、アメリカを訪れた際の取材ノートを報道陣に公開した。スケッチや地図を多用し、絵心がうかがい知れる内容で、2日から始まる企画展で一般公開される。

 公開したのは昭和59年、60年、平成4年に渡米した際の取材ノート計11冊のうち21ページ分。万年筆や色鉛筆を駆使し、赤や青、黄色などカラフルな色使いで事細かに記している。

 セントラルパークのメモには、自筆地図に「ハーレムに接しているため、夕方から夜はさけるべし」と注意事項を記録。街並みや船のスケッチのほか、眼鏡と口ひげが印象的な「感じのいいバーテン」など出会った人々の似顔絵もあった。

 上村洋行館長は「写真で撮るより、絵で描いた方が印象として残しやすかったのだろう」と話している。

<建設業者>新分野進出の半数近く赤字 撤退検討15%(毎日新聞)
<囲碁>本因坊戦 挑戦リーグの結果 25日(毎日新聞)
アフリカ開発協会40周年セミナー(産経新聞)
保育所経営の女、書類送検へ=乳児死亡で業過容疑-警視庁(時事通信)
「津波被害を最小限に」 鳩山首相が指示(産経新聞)
AD