江戸秋葉原文芸堂

( ´・ω・) 江戸戯作を読んだり、江戸時代関連のニュースピックアップをしたり。江戸文化歴史検定一級第三回最年少合格。


テーマ:

( ´・ω・)・・・と言う訳で、江戸文化歴史検定http://edoken.shopro.co.jp/ )2級を受けてきました。受験会場の●●大学へ試験開始四十分ぐらい前に到着。実はここは自分が通っていて現在休学している大学です。色々複雑な気持ちが去来しました・・・。見慣れたキャンパス、しかしここ半年ぐらい行ってなかったキャンパスでテキストの確認をしつつ時間を潰し、いよいよ試験時間。講義室はこれまた以前に試験を受けたことのある部屋でした。


試験時間は90分(早く終わったら開始30分後から順次退出可)。シャーペンと消しゴムを用意して説明を聞き、いよいよ試験開始・・・。


( ´・ω・)ф... ・・・ふむふむ。ぬりぬり・・・。(マークシート形式)

( ´・ω・)ф... あぁ、これは・・・。ぬりぬり・・・。

(; ´・ω・)ф... う~ん。。・・・ぬりぬり。


( ´・ω・)試験は単純な知識だけではなく総合的に覚えてるかどうかが問われる問題もあり、度量衡(どりょうこう)と言う単位に関する問題が思いのほか多かったです。計算しないと解けない問題もありました。(これも知識の下地が無いと解けない)。引っ掛けっぽい問題もあったし、バラエティに富んだ上手い問題が多かったと思います。その分、解くのは大変でしたが・・。


( ´・ω・)それでもなんとか開始45分で一通り回答を終え、見直しを一問一問やって試験終了15分前に試験用紙を提出して退出しました。帰りに解答用紙がもらえます。


( ´・ω・)校舎の入り口でお土産(江戸ポスター。あとは江戸関連のパンフレット。小学館 関連とか江戸:老舗:東都のれん会 のとか)をもらってキャンパス外へ。


( ´・ω・)答え合わせをしてみたところ(問題用紙は持ち帰れます。用紙に回答した「い・ろ・は・に」に丸をつけておきました。四択。)、結果は八割強。合格が7割以上なので、おそらくこれで合格だと思います。


( ´・ω・)締切り三日前に申し込み、一ヶ月ぐらいしか勉強出来ず、最後はペースが失速してしまったので勉強不足でしたが趣味で読んでた司馬遼太郎の本とか歴史の本とかNHK「歴史が動いた」などで得ていた知識がだいぶ役に立った気がします。あとは昔センター試験対策で日本史をやってたことも。


( ´・ω・)ただやはり一級を受けるにはまだまだ知識・雑学、原典等の読み込みが足らないと思うのでこれから一年、知識を広めていきたいと思います。今は江戸狂歌とかゼミで勉強した東海道中膝栗毛とか東海道四谷怪談とか、町では歩いたことのある神田界隈の知識だけに偏っているのでもっと総合力をつけたいと思います。


いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

へなちょこ文士@多忙により縮小更新中さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。