4月になってから、、
   「ふろしき市」という小さな、、小さな市のお手伝いをさせて頂いてました。

私が、、ふろしきの色々な使い方を紹介。
   そして、、
手づくり作家さんが居たり フリマ的な方が6ブース。。そして、、若林区荒浜から新鮮野菜や出来立ておこわやお餅を販売のポンポコさんも来てます。。

   4月。
誰かのリツィートで知ることになった
「荒町商店街 ふろしき市」
第二 第四 土曜日 
  午前10時から午後3時まで 
角の銀行からほど近い及川酒店さんの店先で開催です。
  あ、雨の時は一応中止ですがお店の中でふろしきワークショップはしますよ〜🎵

{65D6AD88-4B9D-4162-9878-3FE1488E0D2E}

ビールの箱を二つ重ねたのが一つのブースで、、それが6つのみの出店。
毎回 私のふろしき包みのワークショップ とクラフト作家さんとかのワークショップがあります。

出店は無料。。というなんとも嬉しいことではないでしょうか、、

ご近所さんや及川酒店さんとポンポコさんの常連さんも来て下さったり 出店の皆さんのお友達や会社関係の方がいらしたり、、実は 毎回 何となく身内で盛り上がったりですが 新しい方も確実にいらしてくださるんです。

私としては 一人でも多くの方にふろしきの使い方が伝わったら、、良し!! 
使って下さったら、、尚のこと良し!!
  という至ってシンプルな立ち位置にて関わらせて頂いてます。

{F88B436E-83CD-4A85-9F25-DF941F988750}



小さく、小さく、、でも長く伝え続ける。

自分の仕事の根幹は 
  「元気に・・ 続けること」 
始めるのは実はとても簡単なこと。
「続ける。」が非常に難しいのです。

AD

のびるバウム

テーマ:
「のびるバウム」 の のびる は、、
宮城県東松島市の 野蒜  (のびる と読みます。 )  地区 の のびる なんです〜〜

のびる だけを見ると、、
 「えっ?バウムクーヘン 伸びるの??」
と訊かれます。のびるバウムを作っている
会社 アグリードなるせさんの方々は、、
  「もぉー 何百回も言われましたよ〜」
と。。   んだよねー  私でさえ何回も訊かれたものぉ、、(笑)

{6025C9E9-4112-4C91-AAD5-65308FB6C216}

左側にある袋入りのは三陸道 無料区間にある 矢本のパーキング、可愛い販売所で売られてます。このお手軽サイズのバウムはここでのみの販売です〜〜🎵  

{A142AAF6-ED50-4D52-B95F-2C9829E85B42}

    合わせ包みのアレンジバージョン。
合わせる方を表面に、、右側から被せる紙に余裕を持たせ、ギャザーを寄せて
仕上げます。
3D的な立体感あるゴージャスな仕上がりになりまする。。

あ、、肝心ののびるバウム。
春の頃  県の産業振興機構さんの専門家指導に行かさせて頂いてからというもの強力なファンになってしまい、、もー 何回も個人的に行って購入。。特にハードタイプの味が好きで、、目を細めて 唸りながら 食しとります。。  (笑)
   











AD

BORO

テーマ:
先週からの三連休は大量インプットな日々を過ごし、、うん。充実。。

ふろしき研究会の森田先生にもお会い出来たし 仲間のみなさんとも色々話せたりして、、良い時間が過ごせ嬉しかった。

会場は浅草 浅草寺の二天門傍にあるアミューズミュージアム という所で、、

「BORO 美しいぼろ布展」が開催されてます。来年の3月26日までとのコト。


{961C653E-690E-455F-A29B-2DA20252CB6D}

{C2197DB7-C49D-41BB-99D4-F5F972EA7D28}


見応えありました。

主に青森で収集した衣服や寝具達です。
圧倒的とも言える存在感を受けながら、、これらを使っていたであろう人たちが布の向こう側に見え隠れしました。

小さく幾重にも足した布が継ぎ当てされたとても小さな子供の足袋。
貴重だったとされる朱色の足袋の裏側は母親が寒くないように 壊れないように、、との思いがあったんだろうなぁ、、
足袋に触れ 裏側を返し見た時、足袋に潜む思いが放たれた感じで、、何とも言えない感覚でした。



AD

商店街の話し

テーマ:
古参の年配の方と若い方々と話し合いでスンナリ折り合いがつくってことはないんだろうなぁ、、と とても複雑な思いで聴いてた。
商店街にかつてのように活気が、、人びとが訪れるように と頑張っている方々とちょっと関わりを持たせてもらってて、、雨の土曜日ということもあり色々な話しを聴きました。

人を動かすことは本当に難しい。賛同しても動くことがなく、高見の見物よろしく見てるだけ いや、見もしないようで、、批判と意見を言う、がんばって行こう!と動いている方々の意欲を削ぐ。。
なんか、、よく言うシャッター街になってしまう背景はこう言うことなのかな、、と。。

一番は続けること。せっかくちょっとでも関わりを持たせてもらったんで、、変化出来るようにがんばろと強く思う。