【演劇企画体ツツガムシ第5回公演】
2014年12月13日(土)~24(水)
「Paper plane」 ペーパープレーン

憐れな犬よ
老犬よ
お前の大事な思い出は
どこに埋めたか
隠したか

月の光のその下の
冷たい土に
沈めたか

会場:SPACE 雑遊(新宿3丁目)
チケット:前売・3,800円/当日・4,000円

作:林 竜之助
演出:田中壮太郎

キャスト:
高川裕也
名塚佳織
海老瀬はな
小谷けい

岸田研二

本多新也
小飯塚貴世江
土屋 士
田中壮太郎


顔合わせ


スタッフ:
美術:竹邊奈津子
照明:鷲崎淳一郎
音響:木内 拓
衣裳:秋山芳江
絵:林 千絵
舞台監督:宮下 卓
演出助手:福井貴浩 金井由妃 四柳智惟
制作:J-Stage Navi(島田敦子・早川あゆ)

協力:
大田篤哉(池林房・SPACE雑遊)
株式会社松竹エンタテインメント
(株)クリオネ
株式会社マグネタイズ
株式会社ベルベットオフィス
is
(株)円企画
演劇集団 円
劇団俳優座
ツチプロ
Lighting Union
(株)音映
中井未悠(制作協力)

タイムテーブル:
2014年12月
13日(土) 14:00 / 19:30(アフタートーク)
14日(日) 14:00
15日(月) 19:30
16日(火) 19:30(アフタートーク)
17日(水) 14:00(アフタートーク)
18日(木) 14:00 / 19:30
19日(金) 19:30
20日(土) 14:00 / 19:30
21日(日) 14:00 / 18:30
22日(月) 19:30
23日(火) 19:30
24日(水) 14:00
※受付・開場は開演の30分前

チケット予約:
・J-Stage Navi
03-5912-0840(平日11:00-18:00)
http://www.j-stage-i.jp
・ローソンチケット
0570-084-003(Lコード:33128)
0570-000-407(オペレーター対応 10:00~22:00)
http://l-tike.com/(PC・モバイル共通)
店頭販売Loppi(ローソン/ミニストップ店頭・24時間販売)

お問い合わせ:
・J-Stage-Navi
03-5912-0840(平日11:00~18:00) 
・演劇企画体ツツガムシ
090-3045-7299(公演中の会場へのお問い合わせのみ)

ツツガムシ公式ウェブサイト tutuga64.com


【以下チラシ文言より】


数年前の冬のある日のこと。
私は、駅前のベンチに腰を下ろして、すぐ近くの宝くじ売り場でくじを買っている一人の中年男性を、一心に見つめていました。その男の灰色の背中には、くじが当たらないことを知っていながら、それでも当たるまで買い続けずにはいられない、そんなやり切れなさが漂っていたのです。私は、男性の顔に興味を持ちました。にもかかわらず、男性がこちらを振り向いたとき、私は目を逸らせていました。不意に怖くなったのです。深くて暗い古井戸を覗き込むような、そんなそら恐ろしさを感じたのです。しばらくして、売り場に視線を戻したときには、男性の姿はもうどこにもありませんでした。
「ペーパープレーン」には、この中年男性が登場します。
あのとき、永遠に見失ったと思っていた灰色の背中が、気がつくとドラマの中で、あの日の続きを生きていました。彼は勤続20年の刑務官でした。妻を愛する優しい夫でした。そして、たった一度の人生を生きる、一人の人間でした。彼は宝くじを破り捨て、行動します。

演劇企画体ツツガムシが、新たに小飯塚貴世江と土屋士をメンバーに迎え、初めての試みとなるオーディションを実施、三年三ヶ月の沈黙を破ります。大変長らくお待たせしました、第五回公演「ペーパープレーン」
師走新宿、SPACE 雑遊でお会いしましょう!





1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年05月23日(火) 11時04分26秒

17 seventeen 閉幕

テーマ:ブログ


お陰さまをもって、演劇企画体ツツガムシ第6回公演「17 seventeen」が無事千秋楽を迎え閉幕いたしました。

本当にありがとうございました。

キャスト、スタッフ、そして誰より公演を観に来て下さったお客様にこの公演を成立させていただきました。見に来て下さる方がいなければ公演は成立しませんから。

またいつものようにツツガムシは呑気で要領が悪くしかも人任せにして、始まりの日が近くなってくるとバタバタするという感じの公演でした。

しかし、またいつものようにこの公演についてくださったスタッフやキャストの方々に助けられ、初日を迎える事ができ、そして本当にお陰さまで盛況のうちに千秋楽を迎える事が出来ました

嬉しい、幸せだ、と出演者、スタッフ一同、公演中感じておりました

今回の公演は「信じる」ということもテーマの1つであったと思います

作品のテーマがそれなのに演出が俳優を信じないことがあってたまるか、という思いもあり、いや、僕は常に俳優を、俳優の力を信じてノートを出しているつもりではありますが、信じるというのは任せるという事でもありますから、台本の奥に書いてあることはとことん話し合い、その結果生まれるやり取りを基本全て俳優に任せます。僕は演劇のやり取りを、本番でお客様の前で卓球のラリーをするような物だと考えています。毎回同じラリーは出来ません。卓球の試合は互いに玉を相手陣内に、しかもなるべく相手が打ち返しにくいように打つ事の積み重ねです。

感情を例に取ると、とにかく感情を演じない事を要求しました。して欲しいのは負けないように玉を相手に打ち返す事、そうすれば自分が例えばミスをしたり負けてしまったとき、またはスマッシュが決まった時に何らかの感情が出るかもしれない、つまりツツガムシの考える演技とはその打ち返す行為や強く打ち返すモチベーションを準備する事であり、そのやり取りの結果生まれる感情や状態は演じられる範疇にはない、という認識です。

何らかの感情が出た方がよいとほとんどの俳優は思っていますから、俳優にとってこの保険を作らず飛び込むような作業はとても勇気のいることだと思います。自分を信じる必要のある事だったと思います。

そして相手も強く打っても必ず打ち返してくるという、相手を信じる事でもあったと思います。

そのような演出と俳優の挑戦を皆さんに見てもらえたのではないかと思っています。

そしてまた仲間が出来ました。お客様ともご縁がありました。

今、公演が終わって部屋に佇んでこれを書いていますが、おそらくこの二ヶ月を何もしないでも5/23日のこの時間は同じように部屋に佇んでいたのではないかと思います。儲かりも損もしていないので物質的には何も変わりません。でも、佇んでいる僕の中は全然違います。

またまた、やってよかったな本当に。

みなさま、本当にありがとうございました。

ツツガムシ3人、キャスト、スタッフ、力を貸してくださった全ての人、そして誰よりお客様に感謝します。

またお会いしましょう、近々

近々と言っておきます!

ごきげんようっ

田中壮太郎
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事
2017年05月08日(月) 03時40分23秒

17seventeen 開幕、秒読み開始!

テーマ:ブログ



日向十三です。

28日間の稽古場での稽古が終わりました。前作「ペーパープレーン」でもお世話になっている、横浜の「急な坂スタジオ」。名称も立地もスタッフさんも、全てが最高のスタジオです。ツツガムシの秘密基地。また、次回もここで稽古ができたらなぁ。

さらば、急な坂スタジオ! また会う日まで!


そして明日から、いよいよ小屋入り。ここもすっかり我々のホームコロシアムとなった、知る人ぞ知る新宿の人工洞窟、

SPACE 雑遊! 


ああ、この「急な坂→雑遊」の流れ、ディープパープルの名曲、スモーク・オン・ザ・ウォーターのイントロからメロディーへと繋がる展開のように、テンション上がりまくります。古い曲ですが、3日に一度くらい聴きます、大音量で。


さて、今回の作品、その魅力を一口に説明するのは難しいのですが、まず第一にアクターです。俳優と言わずアクターと、あえて申し上げました。

アクター。直訳すれば、行動する人といったところでしょうか。しかし、人は誰でも行動します。行動しない人、というのはおそらく存在不能です。つまり、その意味で、人は誰もがアクターであると言えるのです。だとすると、いわゆる演技者をアクターと呼ぶのは奇妙な話です。だって、「あなた(アクター)はアクターです」と言うようなものですから、何も言っていないことになります。究極のトートロジーって感じです。

アクターとは何者か?

今回の稽古場では演技者達に、そんな問いが突きつけられていたように思いました。そして、その問いに演技者達が必死に応えようとする過程で、彼らは「アクター」へと質的転換を試み、結果として役柄に生命を吹き込み、作品を、文章から劇世界へと再構築していった気がいたします。


17(seventeen) は、8人のアクターによって創られています。この8人が登場するドラマです。でも、その世界を立ち上がらせるためには、もう1人だけ必要です。その世界を見つめるもう1人、あなたが必要です。この文章を最後まで読んでくださったあなたが。

劇場でお会いしましょう!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年04月09日(日) 11時30分49秒

赤羽、十色庵にて

テーマ:ブログ
こんにちは! 日向十三です。

昨日は、知る人ぞ知る赤羽の地下劇場、十色庵で、制作で協力していただいている大森さんと、田中と三人で、DMの発送やら何やらで黙々とデスクワーク。いや、こういう時間もなかなか味わい深くて好きです。

みんな黙って何を考えていたのだろう。

田中は多分...寒いな...みんな寒くないのか...大森さんはあんなに薄着で大丈夫なのか...いや、日向はコートを着たままだ、唇もプールから上がった子供みたいに真っ青だ。あいつも寒いんだ、俺だけじゃないぞ...頑張るんだ、なんて考えていたのかもしれない。

大森さんは...二人とも寒いかもしれないけど、暖房はこの程度の寒さでつけるわけにはいかないのよ、真冬の十色庵の氷点下の世界に比べたら、こんなの寒さに入らない、春よ、春なのよ! 私だって...そりゃあ寒くないって言ったら嘘になるけど、心頭滅却すれば何とかって言うじゃない...暑いって信じ込めば薄着だってへっちゃらなのよ! なんて、考えていたのだろうか...。


まあ、地下って冷えますよね。かくいう私も少年時代の秘密基地作りそのままに、自宅に地下室を作って、そこを寝室にしていましたが、まあ寒いこと! そして真夏の暑いこと!

でも、後悔していません。不思議と、どこよりも愛着のある場所だったりします。


さあ、明日から稽古が始まりす! 

17 seventeen

Go ahead!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。