忠成 生まれ育った日本のために/加部 究
¥1,575
Amazon.co.jp

李のこれまでのサッカー人生が書かれた本です。

横河ジュニアユースだったなんて知りませんでした。
FC東京だったのは、この本読んでそういえばって思い出したくらいで。

やっぱり有名になったのはレイソルからだからかな。


在日ならではの葛藤や日本と韓国どっちを取るかなど悩んではいますが、著者がちょっと悪いかも。

選手に寄り過ぎててダメと言いつつも良い所って言ったり、明らかに違うだろって思ってしまいます。


最近は伸び悩んでるように見えますが、サンフレッチェではどうなんでしょう?

途中交代が多いみたいですが。


この本ではすごく得点取れる印象ですが、やっぱ彼のネックは得点力じゃないでしょうか?

プレーは悪くないだけにもっと得点力が増えれば代表も、と思うんですが、、、

北京世代がどんどん代表入ってると思うと頑張って欲しいです。

AD