ミラノからローマへ出たカラヴァッジョ(アレッシオ・ボーニ)。画家のマリオ・ミンニーティ(パオロ・ブリグリア)の協力で工房に入り、次第に成功を収めていく。しかし、教皇に献上する絵のモデルに町の娘のレナ(サラ・フェルバーバウム)を使ったことから非難を浴び、レナに対しても危害が及んでしまう。逆上したカラヴァッジョはレナに傷を負わせた相手を刺してしまい……。(シネマトゥデイより)


東京テアトル系の映画館で使えるチケットを貰ったんですが、テアトル系で今やってるのアニメばっかり。。。

ってことでカラヴァッジョを観てきました。


こないだ読んだ本と違う内容もいくつかあって、どっちが正しいんでしょう???(重要なとこだけが違う気がする)

個人的には、本の方が真実に近いと思うんですが・・・

それ以外は波乱の人生をうまくまとめてたと思います。


音楽はそれ自体は素晴らしいんだけど、映画のBGMとしてはどうかな。

主張しすぎててちょっと邪魔になってたかも。


それでもなかなか雰囲気も出てるし、悪く無かったです。

AD

コメント(2)