神を見た夜。

98年に初のJ1入れ替え戦が行われました。

その試合を書籍化した本を映像化したものです(わかりづらい。。。)

試合映像をダイジェストにし、アビスパ福岡と川崎フロンターレの選手のインタビューを挟み、ナレーションで演出しています。

だけどこういう試合は下手に演出するよりまるごと試合を収録するだけが一番です。

確かにあのとき選手は何を感じていたかは知りたいですけど、それよりも試合の緊張感の方が断然重要だと思います。

今も入れ替え戦は重いけど当時は昇格が確立してなくてもっと重かった気がします。

今年から入れ替え戦もなくなるしこういう試合もなくなるんですね~。



AD