ジェネラル・ルージュの凱旋 [DVD]
¥3,598
Amazon.co.jp


東城大学付属病院の窓際医師・田口は「チーム・バチスタ事件」を解決した功績で院内の倫理委員会長になってしまっていた。そんな彼女の元に、“ジェネラル・ルージュ”と呼ばれる救命救急の速水センター長と医療メーカーの癒着を告発する文書が届く。それと時を同じくして告発された医療メーカーの支店長が院内で自殺。田口は院長の命で院内を密かに探ることになる。そこに骨折した厚生労働省の役人・白鳥が運ばれてきて……。(映画生活より)


最初の10分くらいはやばっ!と思ったんですが、見事巻き返してくれました。

倫理委員会や救命病棟24時でいうスタッドコールなど見所も多くて、前作の人物がちらっと登場するのもおっ、と思います。

映画だけ見るとけっこう良い線いってると思います。


ただ原作と比べてしまうと原作の方が倫理委員会もジェネラルの事件ももっと凄かったです。

ナイチンゲールの沈黙はなかったことになってる部分はこっちの方がいいかな。


やっぱ竹内結子の田口は違和感があります。

田口ってもっと野暮ったいイメージなんです。

AD