剱岳 点の記

明治40年、地図の測量手として、実績を上げていた柴崎芳太郎は、突然、陸軍参謀本部から呼び出される。「日本地図最後の空白地点、劔岳の頂点を目指せ」―当時、ほとんどの山は陸地測量部によって初登頂されてきたが、未だに登頂されていないのは劔岳だけだった。柴崎らは山の案内人、宇治長次郎や助手の生田信らと頂への登り口を探す。その頃、創立間もない日本山岳会の会員も剱岳の登頂を計画していた。(映画生活より)


初日だったらしく終電後の回でも意外と人入ってました。

登山以外の演出はどうなの?って感じで微妙だったけど、登山に関しては良かったです。


浅野忠信は最初は微妙でいまいちだったんですが髭が伸びるくらいから普通になりました。

香川照之はすっごく良かったです。

映像は凄いんでそれだけで価値あります。

なんか撮ってる機材とかは今のだから普通の場面でも綺麗なんですが、昔の映画を観てるような雰囲気がありました。


運命を分けたザイルっていう映画を思い出しました。


AD

コメント(2)