サラエボの花

サラエボの花 [DVD]
¥3,513
Amazon.co.jp

ボスニア・ヘルツェゴヴィナの首都サラエボで、シングル・マザーのエスマは12歳の娘サラと2人で暮らしている。生活は厳しく、エスマは深夜までナイトクラブで働かねばならない。疲労が重なったエスマは、ときどき自分の感情をコントロールできなくなり、サラに対して辛くあたってしまう。一方、娘のサラは戦争で死んだという父親の死について疑問を持ち、エスマを問い詰める。エスマには娘には言えない隠された過去があったのだ。(映画生活より)


ありきたりな言い方だけど、戦争が終わっても爪あとはまだ残ってるっていう映画です。

建物が壊れているとか物がないということではなく人々の内側に残る爪あとが描かれています。

当たり前のようにシャヒードとかを受け入れている子供たちが悲しい。。。

ただ良い映画だとは思うんだけど・・・、全体的に出てくる登場人物が好きになれませんでした。

内容もこれはもうちょっと違う演出の方がいいんじゃないと思うところがあったり、これはもうちょっと広げたほうがよかったと思うところもあったりして中途半端感がありました。

AD

コメント(2)