グラン・トリノ

朝鮮戦争の帰還兵ウォルト・コワルスキーはフォード社を退職し、妻も亡くなりマンネリ化した生活を送っている。彼の妻はウォルトに懺悔することを望んでいたが、頑固な彼は牧師の勧めも断る。そんな時、近所のアジア系移民のギャングがウォルトの隣に住むおとなしい少年タオにウォルトの所有する1972年製グラン・トリノを盗ませようとする。タオに銃を向けるウォルトだが、この出会いがこの二人のこれからの人生を変えていく…。(映画生活より)


友人とグラン・トリノ観てきました。

タイトルからは何もイメージできなかったんですが、車の名前だったんですね。この名前で頭に思い浮かぶのはグランデ・トリノですがそんなわけも無くなんだろうって思ってたですが車だったとは。

でもかっこいい車でした。


皮肉屋の主人公が隣人達と打ち解けても相変わらず皮肉言ってるし、神父さんや隣のおばあさんもいい味だしてるし無駄な役もいなくて凄くよかったです。

タオが変わるタ-ニングポイントがいまいちわからなかったですが、とにかくいい映画でした。

AD