岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 番長足球 [DVD]
¥4,080
Amazon.co.jp
1970年、リイチとガスが入手した昔の卒業アルバムの中に、岸和田イチで有名な暴れん坊「カオルちゃん」の顔を見つける。そこから、物語の舞台は1959年にさかのぼる……。カオルこと村山薫(竹内力)はヤクザにも怖れられていたワル。中学卒業後、組関係者からのスカウトを断り、”全国高校総番”になるため無理やり高校に入学する。しかし(というか当然のなりゆきなのだが)、ケンカ、ケンカ、またケンカの毎日にあけくれ、果てはやくざ相手に大立ち回りを演じ、停学処分に。そんな彼も、喫茶店のウェイトレス・緑(鈴木希依子)に恋をするが、あまりの雰囲気の違いにどう切り出していいのかわからない。そんな時、緑の父親が島田組組長(古井榮一)から多額の借金をしており、緑はその返済のため、毎夜働き続けていることがわかる。借金を返すため始めた<<カオル流>>の秘策とは…!?(映画生活より)

サッカー映画全て観るぞって事でサッカーって言うだけで観ました。

とは言っても全然趣味じゃないしと思ってたらCSでやってたので録画しました。

CSも番組表から一発録画できるようになったのでめっちゃ溜まってます。

当分はそれらを消化していかないと・・・


でこの映画ですが初めて竹内力観ました。

なんていうか凄いね。。。

衝撃的でした。


でも予想に反して面白かったです。

子供の頃のトラウマからサッカーが超下手なんですが、特訓のシーンがうけました。

たまにはこんな映画もいいですね。

AD