チェ 39歳別れの手紙

1965年3月、チェ・ゲバラは忽然と姿を消した。様々な憶測が飛び交う中、カストロはキューバ共産党中央委員会の場で、ゲバラの手紙を公表する―。彼は再び、革命の旅を始めた。変装したゲバラは、1966年11月ボリビアに入国する。そこは大統領の独裁政権のもと、農民やインディオたちは圧政と貧困にあえいでいた。ゲバラのもとに次々と革命に燃える戦士が集まるが、ボリビア共産党の援助が絶たれ、ゲリラ軍は孤立していく…。(映画生活より)


2日連続の映画館です。

3月1日で1000円だからなのか上映終了間際なのに上映前に満席になりましたの放送。

上映前にせっせと1列目を増やすほど混んでました。


もう淡々とゲリラ生活を追っているだけなので、カメラワークやその臨場感を感じる映画です。

ゲバラの当時書いた日記や本を読むとこんなんじゃないんですが、上映時間とかを考えるとしょうがないのかな?でもやっぱ物足りないけどこれ以上長くするとダレそうだし。う~ん。

スタッフロールが無音でちょっといいかもと思ったんですが、すぐに映画館の放送音が外から漏れてきて台無し。

そういう面だとやっぱスタッフロールが終わるまで扉開けちゃいけないよね。



AD

コメント(2)