チェンジリング

1928年。ロサンゼルスの郊外で息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのクリスティン。だがある日突然、家で留守番をしていたウォルターが失踪。誘拐か家出か分からないまま、行方不明の状態が続き、クリスティンは眠れない夜を過ごす。そして5ヶ月後、息子が発見されたとの報せを聞き、クリスティンは念願の再会を果たす。だが、彼女の前に現れたのは、最愛のウォルターではなく、彼によく似た見知らぬ少年だった。(映画生活より)


観てきました。良い映画だけど重かったです。

序盤はとにかく刑事と医師に胸糞悪くさせるの間違いなし!

最初は突っ込みどころもありましたが、だんだん入りこんでいって時間の長さもそんなに感じませんでした。

途中からはああなるんじゃないか?こうなるんじゃないか?と思わせてくれたり良かったです。


前に見た告発って映画と似たような感じを受けました。

悪いからと言う意味ではなく、良い意味で映画館で観るよりDVDでじっくりの方が合ってそうです。

AD