バルサとレアル―スペイン・サッカー物語/フィル ボール
¥1,785
Amazon.co.jp

バルサとレアルっていうタイトルは明らか日本向けです。

副題のスペインサッカー物語の方が的を得ています。

もちろんスペインの2大クラブのことも書かれていますが、サッカーのコミュニティーや真のスペインサッカー発祥の地ウェルバ、セビリアのライバル関係、複雑なスペイン代表などスペインのサッカー全体を感じることができます。

ビルバオの純血主義が目立つ一方でその周辺のバスクのクラブはビルバオに選手をすぐに持っていかれるといった問題など気にしてなかった部分まで書かれていてビックリでした。

教科書のようにただずらっと歴史を並べるのではなくこの本を書くにあたって取材をしたときのことも結構書かれていて読みやすく、わかりやすくなっています。


ただ、やはり1冊の本では限界があったのか、スペインサッカーの歴史とするには全体的に物足りなさも感じます。

スペインサッカーのポイントを切り取ったダイジェストっていうのがピッタリだと思います。

AD