ヴェロニカ・ゲリン

ヴェロニカ・ゲリン 特別版/ケイト・ブランシェット
¥1,000
Amazon.co.jp

サンデー・インディペンデント紙の記者、ヴェロニカ・ゲリンは、ダブリンの子供たちが麻薬に溺れ、売人たちが富を得る現状を見て、麻薬犯罪の取材を始める。知り合いの犯罪者や警察のコネを使い、危険な取材を強行するヴェロニカ。やがて彼女に、警告が発せられる。愛する家族、自分の体を危険に晒しながらも、脅しに屈せず取材を続けたヴェロニカは、やがて麻薬組織のボス、ギリガンにたどり着く。そしてある日、ヴェロニカの運転する車の横に一台のバイクが近づいた…。(映画生活より)


ホラーとかのj怖さじゃなくて現実的な怖さですごく怖いです。

こんなに勇気があってやり遂げる不屈の精神は尊敬します。

自分だったら絶対にやり遂げられないと思います。

彼女がやったことで世間に波紋を広げたので間違ってなかったし、本当に日の目を見てよかったです。


AD

コメント(1)