ザック・エフロンinダービースタリオン
¥3,108
Amazon.co.jp


パトリック、15歳。その年は、少年にとって忘れられない年になった。
学校の友人にも馴染めず、元野球選手の父ジムの期待にも応えられず、行き場の無い少年が通うのは、アルコール依存症の黒人ヒューストン・ジョーンズの農場だった。ヒューストンは昔ダービーで優勝した優秀な騎手だったが、恋人を失い、夢も失い、ひっそりと暮らしていた。パトリックが父の希望する野球選手になりたくないと聞いたヒューストンはパトリックに騎手としてダービーに出場することをすすめる。馬の世話の仕方、接し方、乗り方、そしてレースでの戦い方などヒューストンは自分の知っている全てをパトリックに教えようとしていた。始めは、評判の良くないヒューストンに会いにいくことも、ましてやヒューストンに馬を習うことも反対していたパトリックの家族も、初めて一つのことに夢中になるパトリックを目の当たりにし、次第に応援するようになる。同じくダービーカップを目指す金持ちの不良ランディの嫌がらせを受けながらも懸命に馬と向き合うパトリックを、転校してきた美少女ジルも応援するようになり、二人は次第に恋心を抱く。そして、いよいよレース本番が近づいてきたある日、相変らず嫌がらせを仕掛けるランディと、もみ合いの争いになったヒューストンは発作を起こし倒れてしまう。そして、更なる不幸がヒューストンとパトリックを待ち受けていた。果たして、パトリックは孤独と絶望から脱し、レースに立ち向かえるのか・・・!希望に満ちたフィナーレが涙を誘う感動作。(amazonより)



この手の映画ではよくあるサクセスストーリーなので驚きもありませんでしたが、はずれもなく普通に観れました。


馬とのシンパシーもあの出会いや訓練でホントかよって思いますし、ちょっと特訓シーンが短い感じもしますが、こんなもんですかね~。


AD