のだめカンタービレ in ヨーロッパ
¥6,125
Amazon.co.jp

“のだめ”こと野田恵(上野樹里)と千秋真一(玉木宏)は、峰龍太郎(瑛太)や奥山真澄(小出恵介)ら桃ヶ丘音楽大学の仲間たちに別れを告げ、パリへと旅立った。のだめは、コンセルヴァトワールにピアノ留学するため、千秋は世界の舞台で活躍するプロ指揮者を目指すための渡仏だった。

 のだめたちが住むことになったのは、千秋の母方である三善家が所有し、音楽学生に優先的に貸しているアパルトマンだ。そのアパルトマンには、のだめと同じくコンセルヴァトワールの学生である派手好きなロシア人ピアノ留学生・ターニャ(ベッキー)や、アニメオタクでもあるフランス人音楽学生・フランク(ウエンツ瑛士)らが暮らしていた。のだめとフランクは、一緒にコンセルヴァトワールの試験を受けた仲でもあった。

のだめは、たったひと晩でホームシックを克服し、翌日からさっそく観光名所に出かけるなど、順応能力の高さを見せた。だが、そんな彼女にとってフランス生活最大の障害は言葉だった。千秋にフランス語の個人レッスンをしてもらう目論見がはずれたのだめは、フランクの部屋で、あるものを発見する。それは、のだめが愛して止まないテレビアニメ「プリごろ太」の仏語吹き替え版だった。アニメのセリフを一言一句覚えていたのだめは、それを元に猛烈な勢いでフランス語を学んでいく。(公式HPより)

正月の放送は忘れていてガッカリしてたんですけど、DVD化したんで観ることができました。
連続ドラマの方は観たり観なかったりだったんですが、やっぱおもしろいです。
こんなにも出演者が白目になるドラマってあったでしょうか!!!
最初の字幕はこの辺までっていうのも笑えた。

2夜連続(計4時間くらい?)で放送したみたいなんですが、1夜で満足っていう出来なのにさらに後半も2時間あってボリュームばっちりでしたがディスクごとに分けて観れたし、飽きずに楽しく観れました。

ヨーロッパ編ということもあってベッキー、ウエンツの他にもダニエル・カール、セイン・カミュ、ジローラモと日本のタレントで外人っぽい人(と外国人)を総動員って感じです。

AD

コメント(4)