太陽

太陽/イッセー尾形
¥3,928
Amazon.co.jp

闇は、まだ明けなかった。1945年8月。その時、彼は庭師のように質素な身なりをしていた。その人の名前は、昭和天皇ヒロヒト。宮殿はすでに焼け落ち、天皇は、地下の待避壕か、唯一被災を免れた石造りの生物研究所で暮らしていた。戦況は逼迫していたが、彼は戦争を止めることができなかった。その苦悩は悪夢に姿を変え、午睡の天皇に襲いかかる。みるみるうちに焦土となる東京。失われる多くの命。うなされるように目を覚ます天皇の孤独。日本は、まだ闇の中にある。やがて、連合国占領軍総司令官ダグラス・マッカーサーとの会見の日が訪れる。彼は、ひとつの決意を胸に秘めていた…。(goo映画より)



ロシア映画みたいなんですが、出演人は日本人です。

まあこういう映画はお堅い日本じゃ絶対つくれないよなぁって思います。

よく公開もできたと思います。


でヒロヒト天皇の話なんですが、ワザと道化っぽくしているのかはわかりませんがおそらくワザとでしょう。

ヒトラー最期の12日間のような感じを想像していたのですが、戦争以外はそんな雰囲気もありました。

そんな中でヒロヒト天皇のユーモアもあったりしてなかなか良かったです。

米軍が無礼というか品がなく、日本よりな感じで通訳の人がすっごく好印象に見えました。


マッカーサーに会いに行く途中の廃墟は東欧っぽかったり、天皇が一人で考えるシーンは海外の童話っぽい画なんですが、特に悪くなかったです。


唯一の欠点は声です。

役作りもあるんでしょうが、最初執事の佐野史郎の声にたいしてモゴモゴで音量も小さく聞こえにくかったです。

さらに老人の世話係っぽいひとにいたってはささやきみたいでした。

このバランスが悪くて四苦八苦しましたが、最終的にはTVの音量が普段の倍以上になってました。



AD

コメント(2)