平常心

テーマ:
平常心 サッカーの審判という仕事/上川 徹
¥1,575
Amazon.co.jp

ワールドカップで2度笛を吹き、2006年大会では3位決定戦も受け持った川上主審の本です。


最近試合で見ないなと思っていたら引退されてたんですね。

学生時代からのサッカー自伝な感じなんですが、ベルマーレになる前のフジタでプレーしてたなんてまるで知らなかったです。

この本を読むと審判になってからも含めて、怪我に悩まされたサッカー人生ということがうかがいしれます。


審判としてワールドカップについては、試合までの過ごし方、試合の割り当てまでなどあまり知られていないことが書かれていて面白かったし、試合中の選手との会話や、選手の印象などならではのことも書かれていて楽しめました。

同じくワールドカップで笛を吹いた岡田さんも本を出していますが、こっちの方がおもしろかったです。

AD