ウェールズの山

ウェールズの山
¥1,349
Amazon.co.jp

1917年、ウェールズ地方の小さな村のフェノン・ガルウ山を測量するためにやってきたアンソン(ヒュー・グラント)とジョージ。しかしその山が地図に載るには6メートル足りないことがわかり、慌てた村人たちは足りない分の土を山に盛り、その間アンソンたちを村に引き留めるために、美女ベティ(タラ・フィッツジェラルド)を差し向ける…。
村自慢の山を護ろうと団結する村人たちの思惑から、いつしか恋に落ちてゆく若者たちの姿をほのぼのと描いた好編。第一次世界大戦真っただ中にも関わらず、戦争とは無縁だった地方ののどかな風景と素朴な人々のふるまいが、観る者に人間本来のありようを心地よく示唆してくれているようでもある。監督はクリストファー・マンガー。(amazonより)


とってもいい映画なんだと思います。

けどなんでそんなに丘でなく山にこだわるのか、山の誇りとはいったい何なのかが全くわからないのでスッキリしませんでした。


関係ないけどこのヒュー・グラントってこないだのプレミアリーグで観客席にいてカメラに映ってました。
なんでも稲本が昔在籍していたフルハムのファンでグラウンドキーパーもやってたとかいう話です。

AD