あなたにも書ける恋愛小説
¥1,940
Amazon.co.jp

スランプに陥ってまったく筆が進まない作家のアレックス(ルーク・ウィルソン)は、借金まで抱え、1ヶ月後に返済しなければ命はないと脅される始末。何が何でも1ヶ月で恋愛小説を書き上げ、原稿料を手にしなければならない。しかし、執筆用のパソコンは強面の借金取りに無残にも壊されてしまっていた。そこで、口述筆記を思いつき、速記者エマ(ケイト・ハドソン)を雇う。最初は、アレックスの軽薄な態度に、あからさまな拒絶反応を見せるエマ。けれど、小説の内容が、魅惑的な女に恋をして身を滅ぼす男の話と聞いて…。(映画生活より)



うーん、つまんなくはなかった。でも物足りないって感じかな。

まず映画内の小説が別に傑作じゃないし、ラストもあんまり良いとは言えないと思うんだけどどうなんだろ?


先も簡単に読めますし、もうちょっとビックリな展開も欲しかったかな。


字幕だとウレシーとか小説内で故意にカタカナで書いてますが、その表現が伝わる部分もあれば、なんで?って部分もあり一長一短。


まぁ損したって気分にはなりませんでしたし、時間的にもテンポ的にも見やすい映画でした。

最初の方のアレックスを引きずるエマのシーンがお気に入りです。

AD