教養としてのキリスト教

テーマ:
教養としてのキリスト教 (講談社現代新書 34)/村松 剛
¥777
Amazon.co.jp

別にキリスト教を信じているわけでもないんですが、タイトルのように教養として最低限知っておく&理解しておくことは必要じゃないか?ってことで読んでみました。


簡単にわかりやすくキリスト教やユダヤ教はこういうものなんだって書いてあります。

それでも堅い題材だけに読むのに結構時間かかりました。

少しは頭に入ったので良かったし、歴史や生活の上で影響が少なくないので読んでよかったです。

入門編としても悪くなかったですが、できれば原文の引用でその引用内容も解説してくれるとありがたかったかな~


今後、他の宗教の入門的な本も読んでいきたいです。

AD